×
乗り物

ホンダ公式のアニメ「わんおふ」痛単車、実物はこんな感じでした


ホンダのスクーター・ジョルノに乗る高校生2年生の少女を主人公として、思春期の少女たちの日常と成長を描く青春ストーリーが「わんおふ one off」というアニメ。

「ARIA」シリーズや「カレイドスター」を手がけた佐藤順一監督の最新作で、キャラクター原案は「キノの旅」挿絵の黒星紅白。2012年にリリースされるOVAだとのことで、本日公式サイトがオープンして、PVが公開されました。

さらに、これにあわせてCBR250Rをわんおふ仕様にした痛単車が製作され、モーターサイクルショーに展示されるとのことだったので、実際に見てきました。

わんおふ oneoff|佐藤順一×黒星紅白が贈る 少女たちが輝く爽やかな初夏の物語
http://anime-oneoff.info/



女の子の姿をいきいきと描かせれば当代きっての名手である佐藤順一監督の2012年最新作が「わんおふ oneoff」です。タイトルの「わんおふ」とは、クルマやバイクなどで使用されるカスタムパーツを指す言葉。フルオーダーメイドのように「自分だけのものを作れるパーツ」という意味もあるので、思春期の女の子が自分にしかない大切なものを見つけていくという意味合いも込めて、このタイトルがつけられています。

わんおふ仕様のペイントバイクが展示されるのは大阪モーターサイクルショー東京モーターサイクルショー。大阪モーターサイクルショーはちょうど3月16日から開催だったので、実際に足を運んでみました。

Honda|バイク | モーターサイクルショー|イベント概要

佐藤順一×黒星紅白×HONDA


こちらがホンダブースのわんおふコーナー。


小さくシールを入れただけのものではなく、がっつりキャラクターが前面に押し出されたものとなっています。


主人公の汐崎春乃、高校2年生。作中ではジョルノに乗っています。


マフラー部分


車体左側面は表情がまた異なります


タンクには……


ぽわ~んとした表情の春乃。


リアシート側面もこの通り。


ブースでは本日公開のPVが流れていました。


PVの内容はこちら。

「わんおふ -one off-」PV第1弾 - YouTube


春乃が住んでいるのは自然豊かな高原で、バイクを愛する友人たちとの新しい出会いをきっかけに自分にしかない大切なものを見つけていきます。思春期の少女たちの日常と、その成長を描く青春ストーリーとなっていますが、同時に、特別協賛となっているホンダのジョルノをはじめとしたバイクも精緻に描かれるとのこと。

ちょうど現在放送中の「輪廻のラグランジェ」では日産自動車がデザインコンペティションを実施していますが、今回はホンダのバイクがそのまま登場するということで、どれだけストーリーに絡む重要アイテムになるのかが見所。エンジン音などはちゃんと実際の音が使用されることになるのでしょうか。

◆スタッフ
監督:佐藤順一
キャラクター原案:黒星紅白
チーフディレクター:きみやしげる
構成・脚本:鈴木雅詞
キャラクターデザイン:渡辺敦子
色彩設計:林可奈子
美術監督:田尻健一
3D監督:下山博嗣
撮影監督:荻原猛夫
音響監督:若林和弘、原口昇
音楽:原田節(ハラダタカシ)
音楽制作:フライングドッグ
アニメーション制作:TYOアニメーションズ
製作:わんおふ製作委員会
特別協賛:HONDA

©佐藤順一・わんおふ製作委員会

・関連記事
竹達彩奈さんが一日市長に就任、広島・竹原の町が熱狂につつまれた「たまゆらの日~ようこそ、あたたかな町へ~」現場レポート - GIGAZINE

夕暮れに包まれたお寺の境内で行われた「たまゆらの日」トーク&音楽イベント - GIGAZINE

アニメやゲームのキャラをふんだんに盛り込んだ「萌え博2010」の痛単車 - GIGAZINE

陸上だけではなく水上も制覇、キャラクターの描かれた痛水上バイクいろいろ - GIGAZINE

狭い面積にデコレーションを山ほど乗せた「萌え博」の痛チャリ - GIGAZINE

ポッポ街や公園に痛車が出現、「ブラック★ロックシューター」仕様のコルベット - GIGAZINE

貴重なスポーツカー「ランチア・ストラトス」を痛車化 - GIGAZINE

コミケ会場前で開催されたアニメなどのキャラクターがあしらわれた痛車の展示会 - GIGAZINE

in 乗り物,   動画,   アニメ, Posted by logc_nt