取材

妄想鉄・描き鉄の全力全開、埼北急行 実里野駅&実里野女子学院の生徒達


お気に入りのディーラー以外に意外な才能を発見したりすることがある「ワンダーショウケース」。今回選出された3作品のラストを飾るのはめぬさん。

プレゼンテーション作品は「みのりの」。「埼北急行 実里野駅」という架空の私鉄駅をモデルにしたジオラマとフィギュアを組み合わせた作品です。会場特別価格は1万9800円、一般小売価格は2万4000円。


女の子たちが勢いよく南口改札を駆け抜けていこうとしています。これは駅近くにある実里野女子学院に通う生徒たちで、先頭のこの子は中等部2年の三ツ木涼香。


階段をゆっくり下りてきている、初等部5年生の箕田咲楽。


慌てて階段を駆け下りたので靴が脱げてしまったのは中等部2年の神名優美。


裏側に回るとホームも見ることができます


埼玉銘菓「忠万石まんじゅう」が広告を出しているようです。これは実在の行田名物「十万石まんじゅう」をもじったもの。


駅構内の運賃案内板、実里野はちょうどこの路線の中央辺りにある駅のようです。


かなり細かく作り込まれた設定があります。他にどんな生徒たちがいるのか、この学校の生徒たち以外にはどんな人が利用しているのかなど、想像が膨らみます。


そんな内容の一端が以下のページで解説されています。

第23期ワンダーショウケース特設ページ WSC#059ボーナスステージ作品紹介

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2012[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

1日1台ずつレクサスを手作りしているLFA工房をジオラマで完全再現 - GIGAZINE

「ジョジョの奇妙な冒険」ジオラマが登場、杜王町に仗助や承太郎、吉良の姿 - GIGAZINE

第3新東京市丸わかりのジオラマなど第壱中学校展示物いろいろ - GIGAZINE

ゴジラがいるジオラマで本物のマスコンを使った鉄道模型の運転ができる「鉄道プラザ」があまりにも本格的 - GIGAZINE

in 取材, Posted by logc_nt