オープンソースで組み方自由なマザーボードと各種アドオン


安価で簡単に使用できるオープンソースのプラットフォームとしてArduinoがありますが、さらにマザーボードとプロセッサを独立した仕様にして、どんなプロセッサとでも組み合わせて使えるようにした「BoardX Motherboard」というハードウェアが誕生しました。

UPGRADE INDUSTRIES
http://www.upgradeindustries.com/


BoardX: The Open Source Miniature Motherboard [Redemption] by Kevin Green — Kickstarter

中心パーツとなるのは「BoardX Motherboard」。メインポート1つとアドオンポート2つを備え、電源はDCとUSBからの給電が可能。また、USB-UARTコンバーターを備えています。特徴としてはプロセッサが独立していることで、どんなプロセッサとでも、いくつのプロセッサとでも組み合わせることができます。価格は49.55ドル(約3800円)。


このマザーボードにプロセッサを含めたアドオンをいろいろと追加していく、というわけ。

強誘電体メモリ(FRAM)アドオンの「FRAM-X Add-on + PCB」、19.55ドル(約1500円)。


AVRアドオンの「AVR-X Add-on + PCB」。29.55ドル(約2300円)。


アナログ-デジタル変換回路(ADC)アドオンの「ADC-X Add-on + PCB」。22.55ドル(約1800円)。


全て自分でやる!という人のために一切のパーツを搭載せず基板のみで構成された「PROTO-X Add-on」もあります。これは11.55ドル(約900円)。


自宅のマシンをこれぐらい省スペースで安価に組めるようなら言うことはないのですが……。

・関連記事
Facebook最新の自社サーバとデータセンターの写真や仕様が満載、高度なサーバ効率化技術を公開する「Open Compute Project」開始 - GIGAZINE

パソコンの温度・電圧・負荷・バススピードなどをインストール不要で表示するフリーソフト「Open Hardware Monitor」 - GIGAZINE

Googleは1つの検索クエリーに対し、1000台のマシンを使って0.2秒で処理している - GIGAZINE

63

in ハードウェア, Posted by logc_nt