ソフトウェア

「Firefox 9」正式版登場、JavaScript処理が劇的に改善し最大30%高速化


11月9日の「Firefox 8」正式版登場から6週間経過し、スケジュール通りに「Firefox 9」の正式版がリリースされました。今回はFirefox9はFirefox8より最大45%、Firefox3.6より最大10倍高速化すると言われていたようにJavaScriptのパフォーマンスが劇的に改善され、これまでは処理が重かったサイトも高速に閲覧できるようになります。また、Android版はタブレット端末向けにインターフェイスが最適化されました。

一段と高速になった Firefox の最新版を公開 - Android 版はタブレット端末へ最適化 | Mozilla Japan ブログ

Firefox 9 リリースノート
http://mozilla.jp/firefox/9.0/releasenotes/

今回の改善点は以下の通り。

型推論を追加し、JavaScript のパフォーマンスを劇的に向上させました。
Mac OS X Lion でのテーマ統合を改善しました。
Mac OS X Lion で 2 本指スワイプナビゲーションを追加しました。
JavaScript を通じた Do Not Track 設定の確認 が可能になりました。
CSS font-stretch プロパティ に対応しました。
CSS text-overflow プロパティ の対応を改善しました。
HTML5、MathML、CSS などの標準対応を改善しました。
いくつかの安定性に関わる問題を修正しました。
いくつかのセキュリティ問題 を修正しました。


JavaScript処理の改善はこんな感じで、最大15%~30%高速化したことが複数のテストで証明されています。


また、タブレット端末で見たときのAndroid版Firefoxはこんな感じで最適化されました。

Firefox for Android on tablets - YouTube


更新は半自動で行われます。Firefoxの「ソフトウェアの更新を確認」をクリックすると……


7.2MBのファイルがダウンロードされてきます。


「ダウンロードした更新を適用」をクリック


アドオンによっては新バージョンに対応していないことがあります。「今すぐ確認」をクリック。


アドオンの更新はありませんでした。「完了」をクリック。


Firefoxが9に進化しました。


なお、Mozilla財団の収益の大部分を支えてきたGoogleとの契約が11月末に満了となり、その交渉が続いていましたが、無事3年間の契約延長で合意となりました。

Mozilla and Google Sign New Agreement for Default Search in Firefox | The Mozilla Blog

次は現地時間2012年1月31日にFirefox 10がリリースされる予定となっています。Firefoxではバージョン5以降、短い周期でメジャーバージョンアップを行うラピッドリリースを実施していますが、企業ユーザーにとって負担となっているため、Firefox 10からは延長サポートリリース版(ESR版)の提供が提案されています。このESR版はセキュリティや安全性に関わる修正のみを行って、機能的な変更を行わないマイナーバージョンアップとなり、起業ユーザーはFirefox 10以降はESR版を使用するという選択肢が出てくるわけです。ちなみに、Android向けのESR版はリリースされないとのこと。

・関連記事
Firefoxはこの1年で7倍高速になり、メモリ使用量は半分になりました - GIGAZINE

Firefoxで動かなくなったアドオンを復活させるアドオン「Disable Add-on Compatibility Checks」 - GIGAZINE

Firefoxは収益の大部分を支えるGoogleとの契約を更新できるのか騒動まとめ - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画, Posted by logc_nt