メモ

「金正恩」とは一体何者なのかがわかる「マンガ金正恩入門」冒頭を独占公開


「2010年9月28日、朝鮮労働党代表者会で金正日総書記の後継者として公式に登場した、金正日の息子、金正恩(キム・ジョンウン)。この謎多き若き後継者と、三代世襲の独裁体勢の実態をマンガで分かりやすく解説」したのが、この「マンガ金正恩入門」です。その冒頭部分をGIGAZINEで独占公開します。

Amazon.co.jp: マンガ 金正恩入門-北朝鮮 若き独裁者の素顔: 河泰慶, 李英和, 崔炳善: 本


内容的には以下のような感じです。

本書ではまず、金正恩が党中央軍事委員会副委員長に任命され、その姿が世界中に発信されるまでの偶像化の過程と人民の受け止め方、その裏で後継者レースから脱落していった金正男(キム・ジョンナム)と金正哲(キム・ジョンチョル)について言及。次に、金正恩が指揮したとされる、サイバー テロ、哨戒艇沈没事件、延坪島砲撃事件、核実験について説明、そして、貨幣改革の失敗、人民の貧窮と権力者の贅沢な生活、密輸による外貨獲得と いった不安定な内政と、粛清によって維持される独裁政権が描かれている。また、亡命した元朝鮮労働党書記の黄長燁(ファン・ジャンヨプ)氏との対立や、2万人を超える脱北者など、情報流出に歯止めがかからない現実、 さらに金正男の三代世襲批判発言や彼を擁護する中国との関係などから、崩壊しつつある北朝鮮の独裁体制の実態を丁寧に解説。金一族の圧政に人民の抵抗はもはや避けられない、欺瞞と矛盾に満ちた恐怖政治の実態を抉った問題作。

目次は以下のようになっています。

●はじめに
●第一章 金正恩VS金正男
●第二章 金正恩の後継へのプロセス
●第三章 金正恩の狂気の挑発
●第四章 金正恩の無能な内政
●第五章 揺らぐ金正恩体勢
●おわりに


そして、本編冒頭部分はこんな感じです。


なお、ムービーではもう少し先の部分が公開されています。

マンガ金正恩入門 北朝鮮若き独裁者の素顔 - YouTube

・関連記事
北朝鮮の金正日総書記の若かりし頃から亡くなるまでの写真集 - GIGAZINE

北朝鮮の国力が一目でわかる図、実は世界有数の軍事国家という位置付け - GIGAZINE

Google Earthで見る北朝鮮の対空防御網 - GIGAZINE

世界最大規模を誇る、北朝鮮の一糸乱れぬマスゲーム「アリラン祭」 - GIGAZINE

かなり独創的で危険な北朝鮮のテーマパーク - GIGAZINE

空腹感を遅らせるヌードルを北朝鮮が開発 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse