どうしたヤムチャと声をかけたくなるミスター飲茶「暖々麺(だんだんめん)」など新商品試食レビュー


ミスタードーナツといえばメインはドーナツですが、軽食メニューとして提供しているのがミスター飲茶。中身はけっこう入れ替わっており、11月末からは新商品として「暖々麺(だんだんめん)」が提供されていたので、食べに行ってきました。

熱!熱!暖々麺|新商品|ミスタードーナツ

「つけ麺」(税込315円)。タレはゆず塩タレと魚介醤油タレが選べ、これはゆず塩タレ。点心セットだと600円です。


めん+ネギと必要最小限の構成。


タレも超あっさり。マグカップで出てきたため、一瞬飲みそうになりました。


いざタレにつけても、この色合い。スープは非常にさらりとしています。


塩ダレはあっさりしていてよいのですが、具のない麺はパンチがなく、ごはんとしてはかなり物足りません。


それを補うように野菜が増えた「野菜つけ麺」(税込420円)。こちらは魚介醤油タレにしてみました。


単品で価格が105円違うだけでこのボリューム差。


魚介風味が強く出ていて味が濃く、つけ麺らしいタレなのですが、ちょっと魚介のクセが強すぎるかも……。


点心セットAだと中華ちまき、エビ餃子、シューマイ付き。


ちまきはもっちりとして味が濃いめ。ただ、具は少なめ。


エビ餃子はぷりっとしたエビの食感があります。


肉がぎっしりのシューマイ。


点心セットBだとちまきが肉まんになります。


肉まんはちょっと小ぶり。「551の蓬莱」のものに慣れていると、もっと強烈なニンニク風味が欲しくなります。


こちらもミスター飲茶の新商品、香港風おかゆ(315円)


見た目の通り非常に味が薄く、たとえばザーサイとか味の濃い付け合わせが欲しい品です。


黒チャーハン(税込399円)は新商品となっていましたが、以前も発売されていたことがある品であり、2007年10月1日にGIGAZINEでも「ミスタードーナツで「ミスター飲茶」の新商品を食べてきました」ということでレビュー済みです。


家で冷凍食品のチャーハンを温めたときのように、失敗のない安心できる味です。


ミスター飲茶というと、ボリュームは少なめながらもおいしい軽食というイメージがあったのですが、今回の新メニューはどうも踏み込みの足りない品が多く首をかしげてしまいます。春ごろにはまた入れ替わるはずですが、そのときの挽回を是非期待したいところです。

・関連記事
じっくり煮込んだ鶏肉ともち米、サッパリとしたミスター飲茶「サムゲタン風麺」試食レビュー - GIGAZINE

6種の野菜を豆乳でじっくり煮込んだミスター飲茶「豆乳チャウダー麺」を食べてきました - GIGAZINE

4種類の麺類やもちもちのパオなど、ミスドの「ミスター飲茶」新商品試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt