積んだままの本や雑誌や新聞をイスに変える「The Magazine Stool」


購入したが一向に読まないのを「積ん読(つんどく)」と呼称したりしますが、読んだものであってもやはり同様にして積んで置いておくしかないケースが多く、しかも床の上に置いてしまったが最後、どんどん足の踏み場もない感じになっていって最終的にはゴミ屋敷化してしまうわけですが、この「The Magazine Stool」を使えば、積んでいるだけだったものが有効活用される……はず。

Njustudio Hockenheimer Sitzhocker hier online kaufen | selekkt.com/shop

SUT KUTUSU - Dergiden Oturak: Hockenheimer

これが実物


古雑誌で使うとこうなります


ベルトでがっちり固定する感じ


新聞紙で実行するとどう見てもビニールひもでくくって廃品回収とか古紙回収に出すときのような雰囲気がしますが、これは「イス」です


なお、気になるお値段は128.50ユーロ(約1万3000円)で、新聞用のバージョンの大きさは415×305×70ミリメートル 、雑誌用のバージョンの大きさは305×250×70ミリメートル、とのこと。

・関連記事
本を買ったが読まずに積んでそのままにしてしまう「積ん読」を防ぐ10の方法 - GIGAZINE

ただ漫然と読むだけでは効果ナシ、自己啓発書やブログを読む時の心構え - GIGAZINE

読書がストレス解消に非常に効果的であることが研究で明らかに - GIGAZINE

男性が女性について知っていることがすべて書かれている本 - GIGAZINE

生活のすべてを本まみれに、本で作られた家具や衣類などいろいろ - GIGAZINE

61

in ハードウェア, Posted by darkhorse