映画

映画「エイリアンVSアバター」予告ムービー、何もかもが期待通り


タイトルからして「やっと来たか!」「待ってました!(要出典)」というぐらいの出来映えであり、やはりこういう作品が出てこないことには一流のヒット作品とは言えないのだということを思い知らせてくれます。

映画「エイリアンVSアバター」予告動画 - YouTube


「不可視のエイリアン」という時点で明らかにプレデターと混同済み


「姿を変え」というあたりでもう何が起きてもおかしくない


アバターは確か原住民っぽい程度の文明レベルだったはずですが……


既に最初から最終決戦


どっちが疫病なのか……


全世界が待ち望んだ映画史上最強最大の対決、ついに実現!誰が待っていたのか問いたい!


勝手に迫る戦い、よく見るとアバターの宇宙船が爆発していますが……


確かに今すぐ逃げる必要性がありそうです、あらゆる意味で。


腕がない


土手っ腹に風穴


きゃー


「第9地区」に出てきそうな兵器も。


これは一体……


激突!


なんというかやたらとスプラッタシーンが多い


「どちらが勝っても、人類は逃げられない」とのこと。何もかも終了の予感。


2012年2月3日リリース、楽しみですね


なお、元々の原題は「Aliens vs. Avatars」となっており、2011年9月20日にアメリカで公開済み、もともとのポスターはこんな感じで、大体どういう内容かが想像できます。


・おまけ
本当の意味での「エイリアンVSアバター」はこうなるはずです。アバター強すぎ。

Avatar vs Alien (CAWS) - YouTube

・関連記事
プロレベルの自主製作映画「バットマンvsエイリアンvsプレデター」 - GIGAZINE

世界最速「エイリアンズvsプレデター2」の富士樹海試写会の真相・前編 - GIGAZINE

意外とそっくり?映画「アバター」と「エイリアン2」の似ているところを比較 - GIGAZINE

人間のふりをして地球で暮らす宇宙人の存在を信じる大人は中国やインドに多い - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by darkhorse