ソフトバンク焦りの戦略か、他社から乗り換えで基本料金が最大16ヶ月無料に

by DORONKO

長らく1社独占でiPhoneを販売してきたにもかかわらず、独占販売が崩れた途端、KDDIにiPhone 4Sの販売台数で肉薄されたソフトバンクモバイル。

国内3大キャリアの中で唯一展開していたユーザー間通話無料プランもKDDIが「プランZシンプル」で追従し、さらには国内最大となる5800万ユーザーを抱えるNTTドコモが加入者同士24時間通話無料の「Xiトーク24」を繰り出すなど、まさに窮地に立たされていると言っても過言ではありません。そんなソフトバンクモバイルが「MNP(モバイルナンバーポータビリティ)」を利用して他社から電話番号そのままで乗り換えるユーザーに対して、最大16ヶ月分の基本使用料を無料にする施策を打ち出しました。

のりかえ割の特典をホワイトプラン基本使用料10カ月無料に
~のりかえ割と「ただとも」プログラム併用で基本使用料最大16カ月無料に~


ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は11月1日(火)から乗り換えユーザーに対する特典を変更するそうです。

まず、「のりかえ割」の特典がホワイトプラン基本使用料(月額980円)10ヶ月無料になります。加えて、家族や友達と一緒に新規加入すると割引が受けられる「ただとも」プログラムの特典についても、紹介した人数1人につき基本使用料を1ヶ月無料にするという内容に変更されます。

さらに、「のりかえ割」と「ただとも」プログラムを併用し、加入後3~5ヶ月目の端末割賦代金を除いた支払額が月平均1万円(税抜)以上の場合、ホワイトプラン基本使用料が最大16ヶ月(紹介人数によっては最大26ヶ月)無料になります。


乗り換え時にもれなくもらえる「お父さん湯のみ」


「のりかえ割」の特典、ホワイトプラン基本使用料10ヶ月無料の代わりに選ぶことができる「お父さんホットカーペット」


なお、KDDIがiPhone 4Sを発売する際、他社からの乗り換えに対して1万円キャッシュバックを提示したのに対して、ソフトバンクモバイルはiPhone 3GおよびiPhone 3GSユーザーがiPhone 4Sへ機種変更する際の分割支払金残額を無料にしたほか、iPad 2の月額利用料金が最低0円になるキャンペーンを実施する「アレ コレ ソレ キャンペーン」を打ち出し、徹底抗戦する構えを見せていました。

今回ソフトバンクモバイルが実施する「のりかえ割」の強化はさらなるテコ入れ策というわけですが、「iPhone」と「ユーザー間通話無料」が唯一のものでなくなった今になっての実施であるだけに、同社の焦りが見え隠れしています。

・関連記事
KDDI版とソフトバンク版iPhone 4Sを料金以外で比較、両者の強みと弱みは? - GIGAZINE

iPhone 4Sで激突するKDDIとソフトバンク、両社の料金プランを比較してみた - GIGAZINE

「つながりやすいiPhone 4S」などを実現するKDDIの「EV-DO Advanced」 - GIGAZINE

372

in モバイル, Posted by darkhorse_log