ムービー

人間の限界へ、いくつもの楽器を1人で全て演奏する「ワンマンバンド」の世界

By move-at-light-speed

バンドは普通何人かでやるものですが、1人でその全てをこなし、演奏の域まで高めたものが「ワンマンバンド」と呼ばれるパフォーマンスです。2本ずつしかない手足と口を駆使して楽器を操り、時には普通ではない演奏方法を取ったり、また楽器自体を改造したりと、演奏家ごとに独自の工夫がこれでもかと詰め込まれています。

音楽のすばらしさと共に、目で見ても斬新な驚きを味わわせてくれる演奏の映像をまとめてみました。

ワンマンバンドはストリートで行われることが多く、楽しんだ人たちがチップを渡していきます

Amazing One-Man-Band Street Performer in Croatia (Cigo Man Band) - YouTube


ただ歩き回っているだけでなく、かかとから伸びているロープでドラムをたたいています。

Super funny!!! One man band - YouTube


海外だけではありません。こちらは日本人のワンマンバンド、Funny Tombow

Funny Tombow One Man Band on Bourbon Street - YouTube


車輪のついた巨大な乗り物から音が出ています。どこまでが楽器なのでしょうか。

Cuban One-man Band - YouTube


ギターを膝の上に置いて扱う演奏方法が特徴的です

Juzzie Smith - Train Ride - YouTube


ものすごい数の音色の出る自作の楽器を抱えて演奏しています

Professor Gizmo one-man-band St.Louis Blues - YouTube


よく見ると器用に後ろ手でバスドラムをたたいています。黒いわかめのような衣装の意味は分かりません。

PETE MOSER ONE MAN BAND LEGEND... - YouTube


コンパクトに組み上げられた自作の白いドラムセットが秀逸です

One man band, Bratislava - YouTube


非常にシンプルな駅弁スタイルです

ONE MAN BAND - YouTube


声を使って楽器などの音を再現するヒューマンビートボックスの技法と大量のサンプラーを用いています

Dub FX live on Amsterdam - YouTube


いつか思いも寄らない楽器を抱えたワンマンバンドが目の前にひょっこり現れるかもしれません。

・関連記事
自動車の旧式クラクションなどを集めて作られた異様な雰囲気の楽器 - GIGAZINE

気分だけはダンスホール、路上で音楽を聞きながらノリノリで踊る男性 - GIGAZINE

独学でトップの音楽学校に入学した8歳の天才ピアニストによる実演ムービー - GIGAZINE

楽器を演奏していると老化が遅くなることが明らかに - GIGAZINE

30秒でわかる、音楽メディア30年間の変遷の歴史 - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log