ムービー

この世界のオーケストラと呼ばれる楽団たち

by cseeman

何十人ものクラシック音楽家が集まって演奏する楽団が「オーケストラ」だと考えがちですが、世界にはガムランや雅楽など、オーケストラと呼ばれる楽団、バンドが数多く存在します。西洋の楽団と違うこれも、本当にオーケストラと呼んでいいのでしょうか。オーケストラとそうではないものとの境界線は何なのでしょうか。

オーケストラの語源は、古代ギリシアの劇場で合唱隊が歌い踊るための円形の舞踏場「オルケストラ」です。バロック期になるとヴェネツィアにオペラ劇場のサン・カッシアーノが建てられ、オペラの伴奏を行う楽器奏者のためのスペースがオルケストラと呼ばれました。それがやがてこの場所で演奏する合奏団を指すようになり、現在に至ります。


つまり、「オーケストラ」という言葉には明確な定義はありません。そのためいつしか大きな楽団がオーケストラと呼ばれるようになったり、時には自らオーケストラという名前を冠するようになりました。

そうした立場に立つと、世界中にはさまざまな形のオーケストラが存在していることになります。以下、オーケストラと呼ばれたり、名乗っている楽団を見ていきます。

日本の雅楽。現存する世界最古のオーケストラと呼ばれることもあります。

Gagaku Etenraku - YouTube


中国の伝統楽器のオーケストラ。西洋のオーケストラを思わせる壮大さ。

traditional chinese Orchestra - YouTube


インドネシアのガムラン。「情熱」という言葉がよく似合います。

gamelan gong kebyar - YouTube


南インドの打楽器のオーケストラ。お寺で演奏されています。

Pandimelam, chenda, drum, percussion, traditional, orchestra, Kerala, India - YouTube


アラブ楽器を使用した現代的なオーケストラ。曲がアラブ風です。

Bassam Saba & The New York Arabic Orchestra - YouTube


アフリカの民族音楽をオーケストラ風に演奏しています

Pan African Orchestra plays Fela - YouTube


ヨーロッパはオーケストラの本場。ウィーン・フィルハーモニー・オーケストラのコンサートです。

The Vienna Philharmonic New Year's Concert 2011 - Johann Strauss - Waltzer HD - YouTube


伝統的なオーケストラだからといってクラシック音楽ばかり演奏するわけではありません。これはトランスミュージックのオーケストラ版。

Paul van Dyk — For an angel (Symphony Orchestra) - YouTube


ペンギン・カフェ・オーケストラ。クラシック音楽や現代音楽を取り入れた音楽を作曲、演奏する集団です。

Music For A Found Harmonium - YouTube


「Uppsala Analogue Synthesizer Symphonic Orchestra」というシンセサイザーだけを使ったオーケストラ

Uppsala Analogue Synthesizer Symphonic Orchestra (UASSO) live at Volt Festival, part 1 of 2 - YouTube


もはやなんでもありと言えそうなほどの多様っぷり。結局、最後に問われるのは「どんないい音楽を奏でるか」ということなのでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
メルボルン交響楽団がビール瓶で演奏をしているムービー - GIGAZINE

野菜を楽器にして使う楽団「Vienna Vegetable Orchestra」 - GIGAZINE

様々なアニメソングやゲームミュージックを演奏する交響楽団 - GIGAZINE

ビール瓶でできたさまざまな楽器で一流ミュージシャンたちが奏でるクリスマスソング - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.