徳島を食べ尽くす「マチ★アソビvol.7 グルメハント」21店舗完全制覇


マチ★アソビの恒例イベントとなりつつあるグルメハント。「マチ★アソビvol.7」では21店舗が参加となりました。今回も全店舗に訪れて、徳島の食べ物を思う存分味わってきました。

マチ★アソビ vol.7 2011.09.23~10.10開催

◆まるみや

「まるみや」は東新町アーケードに新たに出店した創作うどん屋さんです。ちょっと変わり種のうどんが置いてあります。


これは「海老入りのクリームうどん」。


クリームうどんというのはちょっと珍しい感じですが、クリームシチュー風のソースがうどんによく絡み、かなり完成度の高いメニューになっています。


これは「満点カツカレーのうどん」。


カツカレーのご飯の代わりにうどんが入っている状態。


カレーうどんっぽい味かと思ったら、味もまさしくカツカレー。かなり不思議な感じがしますが、これはこれでアリなのかも知れません。


◆いろりあん

「いろりあん」はちょっとおしゃれで上質なランチにぴったりの和食屋さん。


グルメハント対象メニューは日替わりの「四ツ椀ランチ」1000円(税込)です。


これが四ツ椀ランチ。


ごはんは白いご飯と「しょうがご飯」が選べます。今回はしょうがご飯をチョイス。


赤味噌のお味噌汁。


カツオのたたき。


お新香。


きゅうりのマヨネーズ和えとだし巻き玉子に鳴門金時。


カツオのたたきは驚くほど脂がのっていて、まさしく頬が落ちそうな感じ。


しょうがご飯がカツオのたたきによく合います。味はほんのりとついている程度ですが、後味が抜群です。


全体的にあっさりとした味付けのお膳の中で、やや塩辛いお味噌汁が際立ちます。


食後のデザートのすだちシャーベット。舌をさわやかに洗ってくれます。


◆ufotable cafe

「ufotable cafe」は10月1日から「Fate/Zero カフェ」がオープンしていますが、マチ★アソビ限定メニューの「マチ★アソビ特製カレー」も食べに行ってきました。


これがマチ★アソビ特製カレー。


チーズとバジルがカレーと良くマッチして、コクがありながらもさわやかな香りの、ランチにぴったりなカレーです。


◆るーぶる

「るーぶる」はハンバーグなど洋食メニューが充実したカフェレストラン。


今回は300gの「メガハンバーグ」を食べてみることにしました。


iPhone 4よりも一回り大きいハンバーグ。


スルっとナイフが通ります。


非常に柔らかいお肉。徳島バーガーを食べた時もそうだったのですが、徳島のハンバーグというのは柔らかめなのでしょうか。フワッとした食感で、スルスルとお腹に入っていきます。


◆cafebar FARO

今回のグルメハントにはなんとおしゃれなバーが参加しています。「cafebar FARO」は11時から15時の間にランチも出しているイタリアン・バーです。


20時過ぎに入店すると、お店の中は良い雰囲気のバーになっており、お店の中にはほろ酔い加減のお客さんたちが静かに談笑していました。20代前半の女性客から、外国から来ている紳士まで、幅広い客層が集まっています。テーブル席が多く用意されており、あまり店員さんが干渉してこないのも居心地が良いポイントかも知れません。


自家製生地のピザが今回のグルメハントの対象メニューです。


今回はオーソドックスな「マルゲリータ」を注文。


程よくクリスピーな生地に、たっぷりのチーズと主張し過ぎないバジルが良い感じ。ビールが飲みたくなります。


ノンアルコールドリンクも充実。


ざくろジンジャー。ジンジャーの味がストレートに出ており、スパイシーな大人の味わい。


フレッシュライムトニック。新鮮なライムの香りと、甘味を抑えたトニックがさわやか。


◆よあけ

「よあけ」は昭和27年創業、60年の歴史を持つ徳島ラーメンの元祖とも言えるお店です。


なんとポストカードのほかに今回のマチ★アソビのためにオリジナルカードをデザイン。よあけでラーメンを食べると、ポストカードと一緒にこのカードももらえます。


元祖徳島ラーメンの文字。


「マチ★アソビ限定ラーメン」。通常のラーメンに牛肉と玉子がセットになっています。


玉子を溶いていただきます。


オーソドックスながらコクのある味わい。「ラーメン東大」よりもあっさり目です。


テーブルには「よあけのこしょう」が常備されています。


こしょうを入れるとまた違った味わいに。ひとくち食べてみて、もう少しアクセントが欲しいと感じた人は、こしょうをひとふりしてみると良さそうです。


◆ハルジオンカフェ

「ハルジオンカフェ」は和洋折衷の料理を揃えた喫茶店です。


喫茶店での食べ物と言えばナポリタン。


目玉焼きの黄身をスパゲティに絡ませていただきます。なんだかとっても懐かしい味わい。


ドリンクにはレモネードを注文。これも懐かしさを感じさせます。


オムライスはふわふわの玉子がチキンライスの上にどっさり乗っかっています。ハルジオンカフェのハント条件は750円以上の飲食なので、ここはお腹を空かせておいてフードメニューに挑戦してみてはいかがでしょうか。


◆三八

以前、「徳島ラーメンとは何か、5店舗を巡って「徳島ラーメン」の奥の深さを思い知った徳島のラーメン屋さん巡り」でお伝えした「三八」に再訪。


上品な鶏ガラと豚骨のスープが、グルメハントに疲れたお腹にも優しく染み渡ります。


ついスープまで全部飲んでしまいました。


◆TOMMY

「TOMMY」はケーキとお茶やコーヒーが充実した喫茶店。


グルメハント対象メニューは「グルメハントセット」650円。ケーキ3つとドリンクのセットです。


ケーキは日替わりで、この日は「くるみとイチジクのシフォン」「ベイクドチーズケーキ」「ガトーショコラ」の3つでした。


シフォンケーキはくるみとイチジクの香りがしっかり感じられる上品な味わい。ほかのシフォンも試したくなる味です。


◆とくしまや

「とくしまや」はリーズナブルな値段でうどんが食べられるうどん屋です。


「マチ★アソビセット」600円(税込)は、うどんと木の葉丼がセットになってかなりお得な感じ。


あっさりとした風味のダシと、しっかりとしたコシのある麺が食欲をそそります。


木の葉丼は、甘辛いタレで煮たかまぼこが玉子とマッチする親子丼風の食べ物です。


◆KENTACO

食べ歩きに最適なのが、たこ焼き屋「KENTACO」。


マチ★アソビセットはたこ焼きとドリンクで700円。ドリンクはかなりサイズが大きめです。


英字の新聞紙にくるまれて、たこ焼きながらなんだかおしゃれな感じがします。


外側はカリッとしていて、中にはアツアツのタコがどっしり鎮座しています。KENTACOは食べ歩きにも向いていますが、店内ではビールと一緒に座ってたこ焼きを味わうこともできます。気さくな店主が笑顔で応じてくれる、良い雰囲気のお店です。


◆たこ八

たこ八は落ち着いた雰囲気のお好み焼き屋。


今回のグルメハント対象メニューは「たこえび玉」。具材がお椀からはみ出すほどに、どっさりと盛られてきます。


自分で焼くこともできますが、店員さんにお願いして焼いてもらってもOK。


甘辛いソースが食欲をそそります。タコとエビがコリコリと良い食感で、あっという間に食べ切ってしまいました。


◆ポストカード全23種23枚+1枚

この記事で掲載した12店舗のほか、「龍鳳飯店」「ラーメン東大」「和田乃屋」「オズ」「chuchuchuros cafe」「ドルチェ・キス」「ル・ショコラ」「ウッドアイビス」「イル・ローザ」の9店舗を加え、合計21店舗が今回のグルメハント対象店となります。

そして、これらのお店を巡って集めたのが、23種23枚(+よあけオリジナルカード1枚)のポストカード。「とくしまや」のみ3種3枚のポストカードが用意されています。


各店で手に入るポストカードは以下の通り。どれがどこのお店で手に入るかは、ぜひ行ってみて確認してください。


10月8日から、「マチ★アソビvol.7」はラストスパートがスタート。眉山山頂や新町橋東公園のステージで、アニメ・ゲーム業界の関係者がギリギリのトークライブを繰り広げてくれるはずです。GIGAZINEでも随時記事を更新してゆくので、お見逃し無く。

・関連記事
「マチ★アソビ vol.7」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

徳島県内を駆け回って「Fate/Zero」スタンプラリーをコンプリートしてみた - GIGAZINE

Fate/Zeroラッピングバスついに運行開始、徳島市内をセイバーが疾走 - GIGAZINE

30分間とにかくドタバタと動きまくりのアニメ「みのりスクランブル!」、徳島で初披露 - GIGAZINE

18

in 取材,   試食,   アニメ, Posted by darkhorse_log