デザイン

ブタに鼻栓をしているような気分になる、差し込み口満載の電源タップ


電源タップを購入する際、差し込み口が多いほうがいいとは考えつつも、多くの場合は横一列にタップが並べられているため細長くなってしまい、ここだと思った場所にうまく設置できなかった経験がある人もいるかもしれません。そんな悩みを解決してくれそうな、ブタの形をしたマルチタップが「Power strip Svintus」です。

Power strip Svintus (concept)

何も刺さっていない状態の「Power strip Svintus」。コンセントの差し込み口がすべて丸形になっているので、ブタの体に鼻がいくつもついているかのような状態に見えます。パステル調のピンクが、ブタっぽさをより加速させています。


裏返すと、足部分にはゴムの滑り止めが。腹部の中央にあるボタンは回路を遮断するボタンなのですが、乳首を意識して絶妙な色が使われています。また、タップ自体の電源コードはあえてくるくると巻いた物を使用することで尻尾のように見せるなど、ディテールはかなりこだわっています。


実際に使ってみるとこうなります。ちなみにこれはコンセプトモデルだということなので、実用化のめどはまだ立っていない様子。そのかわいさもさることながら、球形のタップは珍しいので、横一列に長くなりがちな電源タップをコンパクトにまとめられそうです。

・関連記事
転がして電源を入れる遊び心あふれるLEDランプ「TURN ON」 - GIGAZINE

ノートパソコンのACアダプタは不要に、富士通が新型トランジスタを開発 - GIGAZINE

ついに家庭の電源コンセントで190Mbpsのインターネットが可能に - GIGAZINE

さしこみやすい新型コンセント - GIGAZINE

in デザイン, Posted by darkhorse_log