ソフトバンクが下り最大110Mbpsの「Softbank 4G」開始へ、XGPがベースに


ソフトバンクモバイルの2011年冬春モデル発表会において、国内最速となる下り最大110Mbpsの高速通信サービス「Softbank 4G」が開始されることが明らかになりました。

かつてウィルコムが総務省から割り当てられた2.5GHz帯を利用して本格展開する予定だった次世代PHS技術こと「XGP」をベースにし、TD-LTEと100%の互換を実現した通信規格「AXGP」を採用しています。


業界最速の下り110Mbpsを実現


各社サービスとの速度比較。「屋外での速度」ということで、NTTドコモのXiは下り最大37.5Mbps(一部屋内では75Mbps)として比較対象に挙げられています。


2012年度内に全国政令指定都市での人口カバー率を99%に引き上げる予定。


対応製品「ULTRA Wi-Fi 4G」


初代モデルは下り最大76Mbpsで利用可能。既存のULTRA SPEEDエリアでも利用できます。

・関連記事
「iPhone 5」いよいよお披露目か、Appleがイベントを実施 - GIGAZINE

携帯電話各社に帯域制限の実施条件や期間を問い合わせてみた 2011年版 - GIGAZINE

日本でもパケット定額プランは消滅するのか?ソフトバンクにも聞いてみた - GIGAZINE

ソフトバンクモバイル、いずれデータ通信定額の見直しを検討へ - GIGAZINE

246

in 取材,   モバイル, Posted by darkhorse_log