取材

徳島阿波おどり空港が突如の「アニメジャック」に遭遇、嵐の中の準備編


徳島駅前からバスで約40分のところにあるのが「徳島阿波おどり空港」です。正式名称は徳島飛行場で、もともと1941年に海軍の飛行場として開設された経緯から戦後も軍民共用の飛行場として運用されています。定期就航路線は東京便が1日9往復、福岡便が1日2往復で、特に東京徳島間は鉄道移動では乗換が多数発生するためメインの移動経路となります。

この「徳島阿波おどり空港」が9月17日(土)から、突然「アニメジャック」に遭っています。これは、9月23日から行われるイベント「マチ★アソビ Vol.7」にあわせたもので、名前の通り阿波おどりをフィーチャーしていた空港が、一気にアニメカラーに染められていました。

夜の徳島阿波おどり空港に到着。


まだ到着便が2本ほどあるので、タクシーが客待ちをしています。


入口近くの柱にはすでに一部のぼりが設置済みでした。


徳島空港は6時15分オープン、21時30分クローズ。


空港の建物に入ると設営のための資材が置かれていました。


これはマチ★アソビ Vol.7を知らせるチラシ。この時点ではフライヤーはまだありませんでしたが、このあと到着した模様。


その隣にあったチラシは平家をテーマにした竹宮恵子さんの「まぼろしの旗」のイラストを用いた「祖谷平家まつり」のもの。かなりのインパクトですね。


1階の到着ロビー。


1階到着ロビーから3階出発ロビーを見上げたところ。


時間は19時55分、あとは羽田からのANA機とJAL機それぞれ1便ずつを残すだけ。この日は羽田空港が雨のため、到着が20分ほど遅れていました。


1階の案内板。


柱には阿波おどりバナーが下がっています。


「えらいやっちゃ」パネル。空港全体で阿波おどりをアピールしているような感じ。


エスカレーターで3階の出発ロビーへと上がります。


ここが3階の出発ロビー。


ロビーから手荷物検査を経て搭乗待合室へと入って行くわけです。


外はすごい雨


空港に閉じ込められるサスペンス映画でも見ているような気分になるほどの激しい風雨が吹き付けてきます。

徳島阿波おどり空港アニメジャック作業中 外は激しい風雨 - YouTube


通路からパネルが出てきました。


これは歴代阿波おどりポスターを大きくしたパネル。もともとのアニメジャック計画にはなかったものの、飯泉県知事が「こういうのもありじゃないか」と思いついたものだそうです。サブカルに理解のある知事だと、何かと助かりますね……。


水準器などいろいろと出てきて、いよいよ本格的に作業が行われる気配。


まだ最終便は到着していませんが、すでに徳島発の飛行機は終了しているということで、まずは搭乗待合室で本格的な作業がスタートします。ここは天井から阿波おどりバナーが垂れ下がっているのですが……


これがアニメバナーに差し替えられます。右下に先ほどのチラシを置いてみました、相当な大きさです。


手前はまだ阿波おどりバナーですが、奥は差し替え済み。


1枚ずつ阿波おどりのバナーを降ろしていきます。


そしてFate/Zeroのバナーへ……。


3階出発ロビーでも作業が始まりました。柱の上の方にあるバナーの差替のため、移動式の足場が組まれています。


そして差し替え。


照明が少し落とされたロビーで、次々と差し替えバナーの準備が進んでいきます。


徳島空港に最終便が到着。誰もまさかこの後空港がアニメ一色になるとは思いもしないはず。


風雨の中、機内清掃が行われているANA機。


清掃の終わったJAL機。夜間はこの位置に駐機されます。


展望ロビーから外を見たところ。天気は非常に悪いままです。


やがて、人気のなくなった空港内。黙々と作業が続きます。


ポスターパネルは床面から70cmぐらい浮かせた位置の設置。窓枠にしっかりと固定を行います。


また、1階到着ロビーには上からバーが降りてきました。この吹き抜け部分に最大サイズのバナーがつり下げられることになるため、その準備です。


これはデカい……。


傾きは大丈夫か、左右の位置はあっているか、など細かくチェックが行われます。


お遍路さん用の休憩所・更衣室があります。


外の風雨は収まる様子がありません……。


到着表示板が壊れたわけではありません。0時です。空港機能はすべてお休み状態です。


そんな中、作業は続き、いよいよほぼ仕上げ。1階の柱のバナーの付け替え中。


作業は約5時間で完了。徳島阿波おどり空港が「徳島アニメ空港」へと変貌を遂げました。


差し替え完了の様子は次の記事をご期待下さい。

・関連記事
10月開催のマチ★アソビ Vol.7へ向けて日帰りバスツアーが登場 - GIGAZINE

「マチ★アソビ vol.6」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

アリス×京都×鳥獣戯画、オリジナルアニメ「京騒戯画」のステージレポート - GIGAZINE

「劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~」本日公開、恥ずかしいぐらい大展開されたプロモーションいろいろ - GIGAZINE

in 取材,   動画, Posted by logc_nt