レビュー

「Wikipediaは6回のリンクでどの記事にも行ける」という最短経路を自動探索する「うぃきったー」


wikipediaは6回リンクを辿ればどのページでもいけるらしいwww」ということで話題になったのを受けて、その最短経路を探索するためのウェブサービス「うぃきったー」というのが登場しました。

うぃきったー
http://wikitter.info/


使い方は簡単、「スタート」に開始ページ名、「ゴール」に終了ページ名を入れて「探索開始」ボタンを押すだけ。例えば「フェイト・テスタロッサ」から「東尋坊」に、6回以内のリンクで行けるかどうかを見てみましょう。


フェイト・テスタロッサ』→『声優』→『1990年代』→『男はつらいよ』→『東尋坊』という信じがたい経路で見事にたどり着きました。探索時間は82.88884ミリ秒。結果はそのままさくっとTwitterでつぶやくことも可能です。


また、「過去の結果」ページには以下のようにして様々な経路が記録されており、「これはすごい!」と思った場合には「スゴい!」ボタンを押して投票できます。

・関連記事
アンサイクロペディアに嘘を言わせなかった男「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」とは? - GIGAZINE

Wikipediaの荒らしとの戦い「56人の管理者vs人形使い」 - GIGAZINE

これがWikipediaの裏側、知られざる大規模システムの実態「Wikipedia / MediaWiki におけるシステム運用」 - GIGAZINE

Wikipediaを閉鎖させないために必要な金額はいくらなのか? - GIGAZINE

Wikipediaが財政危機でも広告を掲載しない理由 - GIGAZINE

フリーな百科事典「Wikipedia」誕生秘話 - GIGAZINE

Wikipediaの非公式萌え擬人化キャラクター「ウィキペたん」 - GIGAZINE

Wikipediaの舞台裏「Wikipediaの管理者」とは? - GIGAZINE

総ページ数なんと5000ページ、Wikipediaを1冊の百科事典にするとこうなった - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by darkhorse