ソフトウェア

「Windows 8」開発者向けプレビュー版の無料ダウンロードが可能に


本日発表された「Windows 8」を一足先に試せる開発者向けプレビュー版のダウンロード提供が開始されました。

※あくまでも開発者向けのプレビュー版です。安定性などは保証されていないので、知識に自信のない人は注意して下さい。

Windows Dev Center

ダウンロードをするには、上記ページ内の「Get started」をクリック


すると、こんな感じで「Windows Developer Preview with developer tools English, 64-bit (x64)」「Windows Developer Preview English, 64-bit (x64)」「Windows Developer Preview English, 32-bit (x86)」のダウンロードリンクが表示されます。


例えば「Windows Developer Preview with developer tools English, 64-bit (x64)」をダウンロードする場合は赤枠をクリックすればOK。ISOイメージ形式での配布となっており、いずれも英語版です。


ハードウェア要件はWindows 7と同等で、以下のようになっています。

・1GHz以上の32ビット(x86)または64ビット(x64)プロセッサ
・1GB RAM(32ビット)または2GB RAM(64ビット)
・16GBの空きディスク領域(32ビット)または20GBの空きディスク領域(64ビット)
・DirectX 9対応グラフィック、WDDM1.0以上対応のドライバ
・タッチ機能にはマルチタッチ対応スクリーン

・関連記事
実際にぬるぬる動く「Windows 8」のスタートスクリーンなどムービーいろいろ - GIGAZINE

「Windows8」実機デモ&実際の画面お披露目、WindowsPhone7風に - GIGAZINE

Windows8ではコピー機能がめちゃくちゃ強化されることが明らかに - GIGAZINE

マイクロソフト大勝利へのシナリオ、流出した「Windows 8」社内機密資料の内容が非常に秀逸 - GIGAZINE

マイクロソフトがWindows 8でUSB3.0サポートへ、USB2.0との互換性が課題 - GIGAZINE

一足先にWindows 8気分を味わえる、リークされたウェルカム画面を模したスクリーンセーバー「W8Clock Logon Screensaver」 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by darkhorse_log