ゲーム

PS Vita専用メモリカードは4種類がラインナップ、最大容量は32GB


12月17日に発売されることが正式決定したソニーの次世代携帯ゲーム機「PS Vita」は従来のPSPが採用していたメモリスティックPRO Duoではなく、専用のメモリカードを採用しています。

そして本日、専用メモリカードのラインナップと容量、希望小売価格が明らかになりました。

(PDFファイル)メモリーカード、保護フィルム、インナーイヤーヘッドセットなど
PlayStation Vita用周辺機器、アクセサリー計16種を
2011年12月17日(土)から順次発売


ソニー・コンピュータエンタテインメントのプレスリリースによると、12月17日のPS Vita発売に合わせてアクセサリーを順次発売するそうです。また、同日にPS Vita専用メモリカード4種類を発売するとのこと。

これがPS Vita専用メモリカード。本体サイズは縦12.5mm×横15.0mm×厚さ1.6mm。メーカー希望小売価格は4GBモデルが2200円、8GBモデルが3200円、16GBモデルは5500円、32GBモデルは9500円。


16GBモデルや32GBモデルなど、高容量モデルが高価な気もしますが、他社から互換性のあるメモリカードなどが登場する予定はあるのかが気になるところ。ちなみにスマートフォンや携帯電話の記録メディアとして広く普及しているmicroSDカードの本体サイズはPS Vita専用メモリカードより若干コンパクトな11mm×15mm×1mmとなっていますが、互換性を持たせるアダプタを作るメーカーが現れるようなことはあるのでしょうか。

・関連記事
「PS Vita」の開発機は非常に低価格、小規模メーカーでも参入可能に - GIGAZINE

PS Vitaの詳細スペックは超高性能に、PS3やXbox360を上回るメモリ搭載など - GIGAZINE

ソニーがPS3向けに安価で高性能な3Dディスプレイを発売へ、メガネなど同梱 - GIGAZINE

知られざる波乱万丈な「週刊トロ・ステーション」の歴史・売上比率・制作体制、そしてPS Vita版も登場へ - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by darkhorse_log