20歳の青年が鉛筆とスケッチブックで描く凄まじいクオリティの立体画の世界


弱冠20歳のチリの画家Fredo氏による立体画が話題を呼んでいます。Fredo氏の絵は、鉛筆でスケッチブックに描かれたものですが、すさまじく精密かつ独特な世界観を持っており、絵が飛び出してくるというよりも、見る者を絵の世界に引き込んでしまいそうな、不思議な魅力を放っています。

The incredible 3D images that pop off the page... created with just a pencil and paper | Mail Online

Fredo氏の立体画。絵が立体的に飛び出して見えるだけでなく、スケッチブックの向こう側に違う世界が続いているように見える独特の雰囲気が魅力です。


Fredo氏が初めて描いた蝶の立体画。寝転びながら蝶のスケッチをしていたところ、気づいたら絵がスケッチブックのページをはみ出していたとのこと。これをきっかけに、Fredo氏はその独特の技法を発展させていったそうです。


スケッチブックを突き破って出てきそうな象。


スケッチブックのページをまたいで描かれた男性とその腕。Fredo氏の絵は、単に平面上に立体的な絵が描かれているだけでなく、3次元の物体や位置と重ね合わせることで、より奥深い魅力を発揮するような効果が企図されています。


人形が箱から引き出されるように見える絵。


これもスケッチブックを立体的に利用して、ワイングラスの高さと同じ位置に男性の頭が見えるように仕組まれています。


これらの絵を自身のブログで公開したことにより、Fredo氏は世界中で話題を呼び起こしました。現在、Fredo氏はファンの支援を受けてサンティアゴでのストリートアートを企画しているとのこと。


思わず自分の袖を絵に合わせてみたくなる、立体的な絵。


肖像画の腕が絵から飛び出て肘をついているように見えます。これもスケッチブックを立体的に使うことによって生みだされる効果です。


下のムービーでは、Fredo氏がこれらの絵をどのように描いていくのかを見ることができます。

Proceso Anamorfosis "Hole in the papearth" - YouTube


なお、Fredo氏のブログには、このほかにも様々な作品が掲載されています。

de tu curiosidad.. ..He Aquí el reflejo


・関連記事
風景の中に鉛筆で描いた絵を溶け込ませた不思議な写真42枚 - GIGAZINE

鉛筆を「書く」以外の目的で使った斬新なアート - GIGAZINE

【GIGAZINE先行公開】映画「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」3D予告編 - GIGAZINE

どこにでもある鉛筆を削って作られたすごい彫刻の写真 - GIGAZINE

3588

in アート, Posted by darkhorse_log