×
ゲーム

小さな箱でマリオ世界を上手く再現、これも1つの「枯れた技術の水平思考」か


ゲームウォッチやゲームボーイを開発した任天堂の横井軍平氏が提唱した「枯れた技術の水平思考」という考え方がありますが、下に掲載するムービーでは、最新技術どころかディスプレイすら使わずに、小さな箱の中にマリオを再現してしまっています。

Teague Labs » DIY Video Game in a Box

Video Game in a Box on Vimeo

Video Game in a Box from adam kumpf on Vimeo.



一見するとただの箱です。


箱前面にちょろっと出ているヒモを引っ張ります。


すると箱がピョコンと開きます。


箱が開くとそのままゲームが開始します。


箱の右側面にあるつまみでマリオを動かします。クリボーなどの敵キャラに当たるとゲームオーバーで、ゲームオーバーになると勝手にふたが閉じます。


箱のマリオをプレイする人々。意外と楽しそうです。


なかなか難易度が高いと見えて、クリアした人は大喜び。


ここからは箱の説明です。


ふたを支えるつっかえ棒が電源ON・OFFのスイッチになっています。


そしてこれがコントローラー。


くるくる回してマリオを上下させ、クリボーやパタパタなどを回避します。


裏側はこんな感じ。


モーターで絵柄が回ります。


この箱はあり合わせのもので作られており、基本的な素材としては、彼らが独自に開発したつなぐだけで使えてコードも編集できるお手軽コンポーネントの「Teagueduino」と、いくつかの入出力装置のほかは、ライムグリーンのテープ、アイスキャンディーの棒、切り出した紙、ソーダについてきたストローなどを使用。キャラクターの絵柄を変えるだけでまったく別のゲームを遊ぶことも可能とのこと。

・関連記事
帰ってきたリアルマリオカート、今度はショッピングセンターに乱入してバナナを強奪 - GIGAZINE

現代風の音響効果で「スーパーマリオブラザーズ」がまるで別のゲームに - GIGAZINE

スーパーマリオブラザーズから学べる5つの教訓 - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log