ハードウェア

値下がり続く安価なノートパソコン、ついに3万円割れも


今年5月に「もはやネットブックは不要か、安価なノートパソコンは3万円台前半が主流に」ということで、「普通のノートパソコン」が少し前までネットブックが占めていた価格帯である3万円台前半にまで値下がりしていることをお伝えしましたが、ついに3万円割れが見られる事態となりました。

価格.com - eMachines eMachines eME729Z-N12B 価格比較

大手価格情報サイト「価格.com」によると、2011年9月9日19:20現在、Acer傘下のパソコンメーカー「eMachines」製のノートパソコン「eME729Z-N12B(6月22日発売)」が3万1159円で販売されています。


価格変動グラフ。残念ながら今は3万円を超えていますが、8月中旬から9月序盤にかけて、3万円を割り込む状態が続いていました。


「eME729Z-N12B」の主な仕様はこんな感じ。本体重量は2.4kgありますが、画面解像度やCPU、光学ドライブなどのスペックで「1024×600の10.1インチディスプレイ、IntelのAtomプロセッサ、1GBメモリ、HDD容量160GB、光学ドライブ無し」といったスペックで横並びとなっていたネットブックを圧倒しています。

ディスプレイ:15.6インチWXGA (1366x768)
CPU:Pentium Dual-Core P6100 2GHz
メモリ:2GB
HDD:250GB
光学ドライブ:DVD±R/±RW/RAM/±RDL
OS:Windows 7 Home Premium 64bit
その他:IEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、WEBカメラ

・関連記事
地デジ移行から1ヶ月、液晶テレビは清々しいほど値下がり - GIGAZINE

3万円台が激戦区に、高性能Androidタブレットが相次いで値下がり - GIGAZINE

「一番お買い得なHDD」に思わぬ伏兵、2.5TBモデルが躍り出る - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log