試食

パンチの効いた辛さがうれしい「カップヌードル オニガリラー油ヌードル ビッグ」試食レビュー


カップ麺の定番であるカップヌードルに「カップヌードル オニガリラー油ヌードル ビッグ」という、何だか辛そうな新商品が仲間入りしていたので買ってきて食べてみました。何でも「オニオン×ガーリック=オニガリ」だそうで、なかなかパンチの効いた味をしていそうです。

カップヌードルオニガリラー油ヌードル ビッグ|製品情報|日清食品

これがオニオン、ガーリック、食べるラー油を組み合わせた「カップヌードル オニガリラー油ヌードル ビッグ」。価格は税別190円と少々高め。


1食当たりのカロリーは486Kcal。


原材料名。確かにニンニクや玉ねぎが入っているようです。


フタのところに「食べるラー油」が付属していました。


そしてこれが食べるラー油。


フタを開けて……


お湯を410ml注ぎ入れます。


フタをシールでしっかりと止めてから3分間待機。


完成……ではありません。


まずはよくかき混ぜます。


そして食べるラー油を、箸で具をかき出しながら投入。これで本当に完成です。


真っ赤なラー油がカップヌードルに入っているとどこか不思議な感じ。


味付け豚肉。


フライドガーリックです。


カップヌードルシリーズでおなじみの麺をスープによく絡めながらいただきます。しょうゆベースのスープはカップヌードル定番の味という感じがしますが、たっぷりとかかっている食べるラー油の辛さが強烈に味覚を支配していきます。つまり、食べ進めるごとにどんどん辛さが増してきて他の味があまりわからなくなる感じ。麺の量も多く、スクランブルエッグや味付け豚肉などの具材も多いのでボリュームは十分あります。カップヌードルシリーズの中ではトップクラスの辛さがあると思われる「オニガリ」。肝心のオニオンとガーリックもラー油の辛さとマッチしているので食が進むカップ麺でした。

・関連記事
変形ギミック搭載、LEDが光りトリビアを語り出す「カップヌードルロボタイマー」 - GIGAZINE

カップヌードルチリトマトとシーフードが合体「チリトマトシーフードさらにトマト」 - GIGAZINE

日清食品が「歴代カップヌードル復活総選挙」を開催、全73種の中から上位3種が復活 - GIGAZINE

イマイチだった日清のレンジ調理系商品で会心の出来、「カップヌードルごはん」試食レビュー - GIGAZINE

お肉ゴロゴロ、カップヌードル史上最多の「肉」が入ったキング盛「カップヌードル ミートキング」を食べてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log