ハードウェア

東芝が無線LAN内蔵SDHCカード「FlashAir」発売へ、パソコン不要で転送可能


東芝が無線LAN機能を内蔵したSDHCメモリカード「FlashAir」を発売することを発表しました。

東芝:ニュースリリース (2011-09-01):無線LAN通信機能を搭載した世界初のSDHCメモリカード「FlashAir」を発売


東芝のプレスリリースによると、同社はSDHCメモリカードとして世界で初めて無線LAN通信機能を搭載したSDHCメモリカード「FlashAir」を商品化するそうです。2011年11月からサンプル出荷を行い、2012年2月に発売開始予定。

「FlashAir」はデジタルカメラユーザー間で画像データを交換する機会が増えており、簡単に画像データを送受信したいというニーズが高まっていることを受けて開発された製品で、「FlashAir」に対応したデジタルカメラなどの機器間で、パソコンを介さずにワイヤレスでファイルの送受信が可能。

また、クラウドサービスへのアップロードやダウンロードも可能となるほか、画像データの送受信時のみ無線通信機能が起動するため、対応機器の消費電力を抑えることができるとのこと。

これが「FlashAir」本体。IEEE802.11 b/g/n対応の無線LANを搭載し、セキュリティはWEP、TKIP、AES(WPAおよびWPA2)をサポート。


ちなみに「FlashAir」非対応のデジタルスチルカメラに「FlashAir」を挿入した場合、「Eye-Fi」のように通常のSDHCメモリカードとして利用できるだけでなく、無線LAN通信機能を利用してスマートフォンやパソコンなどにカメラの写真の再生やコピーが可能とされています。

・関連記事
一度書き込んだデータは改ざん不能、証拠保全用の「Write Onceメモリカード」が登場 - GIGAZINE

世界最小、最低コストとなるフラッシュメモリ製品を実現する19nmプロセスの製造技術を東芝とサンディスクが開発、SSDやメモリカードが安価に - GIGAZINE

ガンガン踏まれても大丈夫なメモリカードの耐久性の秘密についてサンディスクにインタビューしてみました - GIGAZINE

サンディスクがSDHCメモリカードの価格戦略や「おすすめの容量」などについて解説 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log