油っぽい食べ物は悲しみを和らげる作用があることが明らかに


食事をすると気持ちが落ち着き、中でも甘い物や脂っこいものであるほど満足度が高く、食べた時によい気分になるという人も多いのではないでしょうか。

特にストレスの高い環境下では過食に走ってしまい、肥満に陥ってしまうこともあるものですが、それは脂肪に気持ちを安らげる効果があるためだということを科学者が発見しました。

Why comfort eating really does make us happy - we are soothed by fatty foods | Mail Online

ベルギー・Leuven大学のLukas Van Oudenhove博士率いるチームが、胃に脂肪分が注入された際の感情の動きについて、MRIスキャンを使って測定しました。まず12人の被験者たちに悲しげな音楽と映像を与えた上で脳波をスキャンしました。

その後、脂肪酸あるいは生理食塩水を被験者たちの胃に注入しました。ただし、注入した際には被験者たちにその内容は伝えられなかったとのこと。そのため、被験者が注入物とこれまで食べてきた同成分の食べ物を連想し、そのことが知覚に影響することはなかったそうです。

調査の結果、悲しい音楽や映像は被験者全員の気分を落ち込ませたとのこと。しかし、脂肪酸を注入された被験者の方が、生理食塩水を注入された被験者よりも落ち込みの度合いが50%低い結果となっています。Oudenhove博士はこの結果を受けて、「たとえ意識して食べているわけではなくても、脂肪を摂取すると悲しみの感情にとらわれにくくなるようです」と語っています。

研究グループは、今回得られた発見は、肥満や摂食障害、鬱病に苦しむ人々にとって重要な意味を持つものとなる可能性があるととらえています。しかしながら、今回発表された実験では被験者の数が少なすぎるため、さまざまな被験者を募り、引き続き研究を行う必要がありそうです。


論文の共同執筆者である国立糖尿病・消化器疾患・腎疾患研究所のGiovanni Cizza博士は、「あぶらっこい物や甘い物を食べる楽しみを抜きにして、単に胃に脂肪分を注入するだけでも、人の感情をコントロールできる可能性があることが分かりました。腸で吸収した栄養が何らかの形で脳に作用しているものと思われます」とコメントしているため、さらなる研究が待たれるところです。

・関連記事
「あの時のステーキはうまかった…」脂っこい食品ほど記憶に残ることが判明 - GIGAZINE

第六の味覚「脂味」の存在が肥満予防の鍵となるかもしれません - GIGAZINE

ヒトの脂肪で車を走らせた形成外科医 - GIGAZINE

1351

in サイエンス,  , Posted by darkhorse_log