妙にコミカルかつ正確な動きでクッキーを焼き上げるロボット「PR2」


マサチューセッツ工科大学にあるMITコンピュータ科学・人工知能研究所の学生が、ロボット研究のシンクタンク兼インキュベーション・センターであるWillow Garage社国家防衛科学工学大学院(NDSEG)のサポートを受けてWillow Garage社のロボット「PR2」へクッキーを焼くために必要なタスクを実行するプログラミングをし、ロボットにクッキーを焼かせました。その様子を撮影したムービーです。

Cookie-baking robot! - YouTube


このエプロンと帽子を身に着けたロボットが「PR2」。


まずはボールへ粉末を入れていきます。左下に表示されている「8x」という文字は8倍速という意味です。


ゆっくりと手首を返して粉末を投入。実際の動きはとても遅く見えますが、かなりスムーズに動いています。


顔も左右に動いて動作を見つめているのでリアルです。


右手に装着したヘラでかき混ぜていきます。動作がいちいちキビキビしているので、まるでダンサーのよう。


ロボットらしいスピードのある動きと人間のような細かさでよくかき混ぜます。


「PR2」の動作を制御しているPCの画面でも同じ動きを表示していました。


さらに粉末を投入。


もういっちょ投入。


まぜまぜ。


混ぜたものを耐熱皿に移すのですが、キビキビとし過ぎているのでかなりコミカルです。


ボールの底に貼り付いた部分もしっかりと落とします。


オーブンをオープン。


正確な動きで先ほどの耐熱皿を取りに行きます。


しっかりとつかみ……


開けておいたオーブンへ投入。


20分後。


クッキーが完成したようです。


助手の男性が手に取り……


食べてから親指を立てました。おいしく出来上がったようで何より。


そして最後はハイタッチで終了です。

・関連記事
一緒にファミコンで遊んでくれる「ファミリーコンピューターロボット」が発売後25年の時を越えて起動されるムービー - GIGAZINE

NASAとGMが協力開発した人型ロボットの宇宙飛行士、ついに宇宙へ - GIGAZINE

従業員の自殺が相次いだFoxconn、疲れず不平を言わないロボットを導入へ - GIGAZINE

犬の散歩や家事手伝いなどができる家庭用ロボット「Luna」 - GIGAZINE

ウクライナの町外れにひっそりとたたずむ哀愁ただよう巨大ロボット - GIGAZINE

13

in サイエンス,  動画, Posted by darkhorse_log