湖にどっぷり浸かる巨大な女性、あまりにもシュールなオブジェが飾られる


昨年大阪に巨大アヒル「ラバーダック」が浮かべられたのは記憶に新しいですが、ドイツの湖であまりにもシュールなオブジェが飾られました。

A right old knees-up! The 12ft lady of the lake sculpture that has divided a city | Mail Online


これがドイツ・ハンブルグのAlster Lakeに浮かべられた巨大な女性のオブジェ。全高13フィート(約4メートル)、全長98フィート(約30メートル)です。


ひざが突き出ていることもあってか、斜めから見るとなかなかシュールな光景。


正面。見る角度によってかなり印象が異なります……。


夜。なんだか血色が悪く見えるのは気のせいでしょうか。


なお、このオブジェは鉄や「スタイロフォーム」と呼ばれる発泡スチロールの一種でできており、10日間にわたって飾られる予定。広告を研究する学校「advertising academy Miami Ad School」の代表を務めるVoss氏はこのオブジェを高く評価していますが、市長のMarkus Schreiber氏は「最愛の湖を汚している」とコメントするなど、ドイツ国内でも意見が分かれているようです。

・関連記事
コードギアスのルルーシュになれるアイマスク登場、衝撃の着用写真も - GIGAZINE

排水溝のそろばんや地面から生えるカメラなど、道路を使ったクリエイティブな広告20個 - GIGAZINE

目を疑う過積載っぷりはもはやアートの域、「運びたがり」な人々を撮影したシュールな写真 - GIGAZINE

とてもシュールなキュウリの収穫風景 - GIGAZINE

in アート, Posted by darkhorse_log