任天堂が「ニンテンドー3DS」を大幅値下げ、マリオ新作2本連続投入も


任天堂が今年2月に発売した携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を大幅値下げすることが明らかになりました。

また、マリオシリーズの新作投入時期も告知されています。

(PDFファイル)ニンテンドー3DS値下げのご案内 8月11日より、メーカー希望小売価格を15,000円に

任天堂のプレスリリースによると、8月11日からニンテンドー3DSのメーカー希望小売価格を現行の2万5000円から1万円値下げし、1万5000円にするそうです。これは対応ソフトが充実する年末商戦に向けた措置で、海外でも2011年7~9月に実施する予定。

なお、ニンテンドー3DS専用ソフト「スーパーマリオ3Dランド」は11月に、「マリオカート7」は12月に発売することが決定しています。

・次の記事
岩田社長が「ニンテンドー3DS」の大幅値下げを陳謝、ソフト20本無料提供へ - GIGAZINE

・関連記事
任天堂の「Wii U」はBlu-rayやDVDの再生機能を搭載せず、岩田社長が明言 - GIGAZINE

「Wii U」ムービーレビュー、新型コントローラーでゲームはさらに体感型に - GIGAZINE

「新しいアイデアが次から次へと浮かんで困る」、Wii Uについて岩田社長らのトーク内容まとめ - GIGAZINE

0

in ゲーム, Posted by darkhorse_log