FF14のプロデューサー「PS3版はどんなコストをかけても出す」と語る


スクウェア・エニックス社長の和田洋一氏が公式サイトで「お客様からファイナルファンタジーとしてご期待いただいている水準に達していないと、深く反省するとともに、心よりお詫び申し上げます」とのコメントを出すまでに至ったファイナルファンタジーXIVですが、発売日が未定となっているPS3版のリリースについて、前述の公式コメント後にその舵取りを任された新プロデューサーの吉田直樹氏が、海外チームのインタビューを受けて、「FF14のPS3版はどんな費用をかけても出す」とその決意を語っています。

(フランス語)L'équipe communautaire interview Naoki Yoshida !



(英語)The Community Teams interview Yoshida in Japan!



FF14の公式フォーラムには、日本語版、英語版、フランス語版、ドイツ語版の4つのフォーラムがあり、今回のインタビューは英語版とフランス語版の合同で行われたもの。フランス語版のインタビューの中で、コミュニティ担当者であるYoumukon氏が以下のように質問しています。

La sortie PS3 est-elle toujours prevue ?
(PS3版を出す計画は続いているのでしょうか?)


これに対して吉田氏は以下のように回答しています。

Bien entendu ! Elle n'est pas annulee, le developpement suit son cours ne vous inquietez pas ! La version PS3 sortira coute que coute.
(もちろん! 開発は進行しているので、心配しないでください。PS3版はどんなコストをかけても出します。)


公式な見解というよりも、プロデューサーの意気込みを語ったものと見られますが、ともかくPS3版の開発が続いていることは確かなようです。

なおこのインタビューでは、マップの拡張やチョコボや飛空艇などの乗り物、住居などの新しい要素を開発中であることが語られ、英語版では、現在の仕事に就いてから吉田氏の睡眠時間が平均2時間から3時間半となっていることなどにも触れられています。

・関連記事
なんと「FINAL FANTASY XIV(FF14)」が電撃発表、PS3独占タイトルとして来年発売 - GIGAZINE

突然発表されたPS3ソフト「FINAL FANTASY XIV(FF14)」の世界観が明らかに、HD画質のムービーも - GIGAZINE

「FINAL FANTASY XIV(FF14)」のベータテストが本日から参加者募集開始、誰でも応募可能に - GIGAZINE

「FINAL FANTASY XIV(FF14)」のプレイムービー2本が公開中 - GIGAZINE

ファイナルファンタジーXIVのオフィシャルベンチマークソフトを試してみた - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by darkhorse_log