なぜ激辛唐辛子メニューを食べた後に水を飲んでも効果がないのか

by Rick Collier

激辛唐辛子100本入りの「ギロチン炒飯【ゴッド】」救急車カレーなど、激辛を自慢とする料理はいろいろとあり、そこまでのレベルではなくても、唐辛子を使った辛い食べ物を口にして、あわてて水を飲んだ経験がある人もいるかもしれません。しかし、水を飲んでもほとんど辛さは引かず、むしろ辛さが広がってしまうという経験をした人もいると思いますが、それにはちゃんとわけがありました。

Why Water Doesn’t Help Much with Cooling Your Mouth After Eating Peppers

唐辛子に含まれるカプサイシンは脂に溶ける性質を持った物質なので、辛いと感じて水を飲んだとしてもそれを洗い流すことができず、口の中の灼熱感を和らげることはほとんどできません。水が冷えている場合は飲んだ瞬間だけ口の中が冷えるので、一時的にカプサイシンの働きを抑えられたように感じるかもしれませんが、冷水がのど元を過ぎ去った瞬間、再び辛さが襲ってきます。

「辛い物を食べたら牛乳を飲むといい」と言われていますが、これは乳製品に含まれるカゼインというタンパク質がカプサイシンと結びつき、カプサイシンが舌の上の神経に働きかけるのをストップさせる効果があるためです。

辛いものを食べる前やその途中に牛乳を飲むことで、胃腸がカプサイシンから受ける刺激をやわらげてくれるため、辛い物を食べておなかを下してしまうのを防ぐ効果もあるといいます。

激辛メニューを出している店に行く時は、事前に乳製品を含むドリンクを注文した上で挑戦するのがよさそうです。

・関連記事
ジョロキアとハバネロをたっぷり使った「激辛DANGER CURRY ver3」試食レビュー - GIGAZINE

防塵マスク&ゴーグルを着用しないと作れない激辛唐辛子100本入りの「ギロチン炒飯【ゴッド】」を本当に命がけで食べてきました - GIGAZINE

鼓膜に突き抜ける猛烈な辛さ、倒れ込む人まで現れた「救急車カレー」に挑戦してきました - GIGAZINE

アフリカン唐辛子で辛さ増強、「LEE 辛さ×30倍」と「日清とんがらし麺」試食レビュー - GIGAZINE

一大ブームとなった「具入りラー油狂騒曲」を総括、「11種類食べ比べ」の巻 - GIGAZINE

in , Posted by darkhorse_log