「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」2012年1月公開、広報官も登場


2012年に映画「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」がロードショーとなります。本作は「ベルセルクサーガプロジェクト」の一環として制作されるもので、ファンの中でも特に人気の高い“黄金時代”を3部構成で映画化するものです。

映画『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』2012年1月ロードショー
http://www.berserkfilm.com/


「ベルセルク」は1989年から白泉社のヤングアニマルで連載されている三浦建太郎のマンガで、35巻までで累計3000万部という人気作品です。今回、ベルセルクサーガプロジェクトとして連載20年以上の及ぶ長大な物語すべての映像化がスタート、第1弾としてファンからの人気が高い“黄金時代”を3部作構成で映画化することとなりました。

アニメーション制作は「鉄コン筋クリート」「マインド・ゲーム」のSTUDIO4℃、監督は窪岡俊之さん。

この映画にあわせて新キャラクターとしてミッドランド王国から派遣された「鷹の団」広報官のクララ・ド・ポラスが登場。マンガや映画へは登場しませんが、Twitterのアカウントで広報任務に従事します。

ちなみにコレがクララ広報官。三浦建太郎直筆デザインです。


© 三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

・関連記事
荘厳な世界観の人気ファンタジー作品「ベルセルク」がアニメ化決定 - GIGAZINE

全力全開で使いたい実物大インテリジェントデバイスやドラゴン殺し、ハマノツルギにウンディーネのオール - GIGAZINE

ベルセルクのドラゴン殺しがワンダーフェスティバル2008[冬]の一般フロアに登場 - GIGAZINE

とんでもないリアリティと迫力のベルセルクフィギュア「ゾッド」「スラン」など - GIGAZINE

映画や漫画に頻出する知っておきたいアイルランドの神話や伝承トップ10 - GIGAZINE

in 映画,   アニメ, Posted by logc_nt