ついに携帯電話各社間でSMSが利用可能に、ドコモ、au、ソフトバンク、イー・モバイルが共同発表


NTTドコモやau、ソフトバンクモバイルなどが提供している、加入者同士で電話番号を利用して短文をやり取りできる「SMS(ショートメッセージサービス)」について、携帯電話会社を越えてやり取りできるよう、各社が検討を開始した事が2009年9月に明らかになりましたが、ついに実現しました。

詳細は以下から。
報道発表資料 : ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続開始について | お知らせ | NTTドコモ

ショートメッセージサービス (SMS) の事業者間接続開始について | 2011年 | KDDI株式会社

ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続開始について | ソフトバンクモバイル株式会社

ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続開始について|報道発表資料|イー・アクセス

NTTドコモとKDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルが本日共同発表したプレスリリースによると、現在各社で提供している第3世代携帯電話向けショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続が7月13日から開始されるそうです。

報道発表資料 : ショートメッセージサービス(SMS)の送信料を改定 | お知らせ | NTTドコモ

なお、ショートメッセージサービスの提供条件は携帯電話各社によって異なりますが、NTTドコモは7月13日から送信料を従来の1通5.25円(受信通知ありの場合7.35円)から3.15円に改定。

他社携帯電話とのCメール相互接続の開始および迷惑Cメール対策の強化等について | 2011年 | KDDI株式会社

また、KDDIも送信料金は従来通り1通3.15円(海外に対しては100円)。送受信可能な文字数は従来機種の場合全角最大50文字(半角最大100文字)ですが、「S007」「T007」「CA007」「T008」「K009」のみアップデートで全角最大70文字(半角最大140文字)に対応します。

ちなみにショートメッセージサービスは電話番号のみで文章を送信することが可能なため、利便性が非常に高い反面、スパムメッセージが横行したという側面もあることを受けて、KDDIは対策を強化。「従来は1ヶ月あたり6000通」という送信制限がありましたが、7月13日からは「1日あたり200通または1ヶ月あたり6000通」となります。

他社携帯電話とのショートメッセージサービス(SMS)提供について|報道発表資料|イー・アクセス

イー・モバイルは送信料を他社より安価な1通2.1円に設定。迷惑SMS対策の強化として、2011年7月8日(金)から1日あたりのSMS送信可能通数の上限を300通から200通に変更するとしています。

・6月1日16:30追記
ソフトバンクモバイルがSMS送信料を発表しました。NTTドコモやKDDI同様、1通3.15円でソフトバンク同士またはディズニー・モバイルが相手の場合、ホワイトプランを契約していれば無料です。

他事業者の携帯電話へのSMS送信料について | ソフトバンクモバイル株式会社

・関連記事
音声認識で文字入力できる「Speakey(スピーキィ)」などのアプリをNTTドコモが無償で試験提供開始 - GIGAZINE

「REGZA Phone IS11T」超速攻レビュー、QWERTYキーボード搭載で文字をサクサク入力可能に - GIGAZINE

「AQUOS PHONE THE HYBRID 007SH」超速攻フォトレビュー、折りたたみケータイ感覚で文字入力できる防水・防塵3Dスマートフォン - GIGAZINE

HTC製スマートフォンで一部にメールが送れなくなる事態が発生、KDDIとソフトバンクが注意喚起 - GIGAZINE

0

in モバイル, Posted by darkhorse_log