「日本一うまい」とまで言われるカツカレーのお店「リッチなカレーの店アサノ」でリッチなカツカレーを食べてきました


数あるカレー専門店の中でも「カツカレーが最高にうまい」というお店は少ないのではないでしょうか。東京都町田市にある「リッチなカレーの店 アサノ」は、かつてグルメ雑誌「Dancyu」でも「日本一のカツカレー」とまで評され、カツカレーの味を最高レベルにまで高めた珍しいカレー屋さんです。

カツカレー好きなら一度は食べてみたい「リッチなカレーの店 アサノ」のカツカレーについては以下から。カレーのミセアサノ(Google Map)

「リッチなカレーの店 アサノ」は、JR町田駅から徒歩5分ほどの「仲見世飲食街」の中にあります。


仲見世飲食街の入り口。


アサノの看板が出ています。


飲食街入り口から左の脇道に入ると、お店が見えました。


大きな看板が出ていますが、お店のある位置がかなり奥まっているため、あらかじめ場所を知っていないとたどり着くのに苦労しそうです。席数は7席だけで、休日には行列ができることもあり、ご主人ひとりでお店を切り盛りしているため、混雑時はカレーが出てくるまで時間がかかることもあります。


メニューはポークカレー(税込900円)、チキンカレー(税込900円)、エッグカレー(税込950円)、カツカレー(税込1400円)。


カレーを注文すると、お水と大根ときゅうりの漬け物が出てきます。


アサノのカツは神奈川県のブランド豚「高座豚」を使用しており、注文を受けてから揚げ始めます。時間がかかるのはこのためでもあるようです。


今回注文したのはもちろんカツカレー。細くカットされた大きなカツが乗っかっています。


カレーはスープカレーに近いサラッとした舌触りですが、非常にコクがあり、スパイシーな感じ。


野菜はカレーと別に茹で上げられ、最後にトッピングされるので、適度な食感と野菜そのものの味を保っています。


カツはきめ細かくサクサクでジューシー。とろみの少ないカレーは、カツのサクサク感を殺さず、やや強い辛さがカツのうま味を際立たせます。


カツはやや薄めに見えますが、これが絶妙なサイズで、ご飯とカレーとカツをスプーンに乗せて一緒に食べるのにちょうど良いバランスになっています。カレーの辛さがカツを欲しくさせ、カツがご飯を欲しくさせるという絶妙の調和で、「カレーにカツが乗っている」というだけのカツカレーではなく、カツを含めて一個の完成された料理に仕上がっています。


カレーは「辛め」を注文すると、元のカレーを別の鍋に取り分けてスパイスを加え、辛さを調節したカレーを作ってくれます。


辛めはトウガラシが加えられているため、色がちょっと赤くなっています。


舌がヒリヒリするくらい強力な辛さですが、不思議とノドに引っかかる感じがせず、「辛い! でも食べられるかも」という感じで食べていくと、後を引く辛さで、どんどんカレーが無くなっていきます。


かなりの辛さなので、辛めは本当に辛い物が好きな人向け。通常のカツカレーでも普通のカレーよりも辛めになっているので、最初は普通に注文することをおすすめします。


ごちそうさまでした。あっという間にカレーが無くなってしまいました。「リッチなカレーの店 アサノ」のカツカレーは、確かに日本一かもと思わせる見事なカツカレーでした。

・関連記事
CoCo壱番屋で「カレーのトッピング全部のせ」に挑戦してみた ~注文編~ - GIGAZINE

一皿30万円以上する超高級カレー - GIGAZINE

商品名に「社長」が入っているほどにオススメされている「アパ社長カレー」を食べてみた - GIGAZINE

「テイルズ オブ グレイセス エフ」とハウス食品のコラボレーション「マーボーカレー スペシャル」は予想外の完成度だった試食レビュー - GIGAZINE

0

in 取材,  試食, Posted by darkhorse_log