解像度はフルHDの16倍、「スーパーハイビジョン」対応ディスプレイをシャープとNHKが開発


液晶テレビの買い替えラッシュに伴い、フルハイビジョン(解像度1920×1080)に対応したモデルも普及している昨今ですが、フルハイビジョンの16倍の解像度を実現する「スーパーハイビジョン」対応ディスプレイをシャープとNHKが開発しました。

映画館などではフルハイビジョンの4倍にあたる解像度を実現した「4K」と呼ばれる規格が導入され始めていますが、「スーパーハイビジョン」はさらにその4倍ということになります。

詳細は以下から。
世界初 スーパーハイビジョン対応直視型85V型液晶ディスプレイの開発に成功 | ニュースリリース:シャープ

シャープとNHKが連名で発表したプレスリリースによると、新たに次世代のテレビ放送サービスである「スーパーハイビジョン」に対応する85インチ液晶ディスプレイの開発に成功したそうです。これは直視型ディスプレイでは世界初の成果とのこと。

スーパーハイビジョンは現行のハイビジョンを超える「超高精細映像システム」として、NHKが1995年から研究開発を行ってきたもので、2020年の試験放送を目指して現在も研究開発中。ハイビジョンの16倍に相当する約3300万画素(横7680×縦4320ドット)の解像度によって、圧倒的な臨場感と迫力ある映像表現を実現するとしています。

これが今回開発されたディスプレイ。画面サイズは約1.9m×1.05mと、非常に大きなものとなっています。


なお、この技術を実現するにあたってシャープの液晶技術「UV2A」が採用されており、さらにNHKが保有するスーパーハイビジョンに関するノウハウなどをもとに超高精細・高画質表示が可能に。大画面での超高精細映像は見る人に没入感を与え、あたかもディスプレイの中にいるかのようなバーチャルリアリティな体験を味わえるそうです。

・関連記事
iPhone 4の「Retina Display」を圧倒する超高精細液晶ディスプレイが登場、世界最小サイズでフルHDに対応 - GIGAZINE

映像を高画質なまま大幅に圧縮できる「次世代高圧縮映像符号化技術」のデモが公開 - GIGAZINE

PS3よりも多彩な形式の動画をフルHD対応の液晶テレビで視聴可能に、安価なメディアプレーヤー「PAV-MP1L」 - GIGAZINE

0

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log