東北復興支援プロジェクトとして「北斗の拳」オリジナルTシャツが発売される


東日本大震災で甚大な被害を受けた東北地方の復興を継続的に支援するためのプロジェクト第1弾として、「北斗の拳」オリジナルTシャツの発売が決まりました。

このTシャツの製作を企画したのは、被災地域出身の人々が立ち上げた「東北復興支援協会」。「北斗の拳」の作者両名からの許諾済みで、自らも被災した「北斗の拳」原作者・武論尊さんがデザインを監修。Tシャツの売り上げの使途は図式化した上で明示されています。

「北斗の拳」オリジナルTシャツの詳細は以下から。6+
http://www.6plus.jp/

宮城県の被災地域出身者が立ち上げた一般社団法人「東北復興支援協会」が、原作者監修の元製作した「北斗の拳」オリジナルTシャツを復興支援のために発売することが分かりました。

このTシャツの販売で得られた利益は全額寄付金となり、「被災地域の商店街復興支援」「小中高学校児童・生徒の学習用具などの整備」「被災地で活躍されているボランティアの方々への支援」という3つの用途に役立てられるとのこと。

売り上げの流れを図示したものによると、原材料費やクレジット手数料などの原価を抜いた残りの売り上げの50%は復興支援のために使われます。そのうち80%が宮城県の中でも特に被害が大きかった石巻市、女川町、志津川町などの商店街復興支援と小・中・高に通う学生の用具整備に使われ、20%が岩手県、宮城県、福島県で作業にあたるボランティアにこのオリジナルTシャツを現物支給するための費用となるそうです。協会立ち上げメンバーの故郷が宮城県の上記地域にあたるため、この寄付金の使途はその意向を大きく反映したものとなっているようです。


原作者の武論尊さんと作画の原哲夫さんに許可を得た上で製作にあたり、デザインの監修は武論尊さんが担当。福本繊維という企業にTシャツの材料費を除く経費を寄付してもらって生産するそうです。

デザインは2パターン。どちらも前面はケンシロウの胸に刻まれた北斗七星があしらわれ、背面にはケンシロウが前を向いて構えたイラストと、全力で走っているかのようなイラストが配置され、アニメ「世紀末救世主伝説 北斗の拳」の主題歌となったクリスタルキングの「愛をとりもどせ!!」をベースとした「東北(あい)を取り戻せ」というフレーズが書かれています。


武論尊さん自ら着用してみたところ。袖にプリントがあるなど凝った作り。


自身も被災した「北斗の拳」原作者の武論尊さんからは応援メッセージも届いていて、YouTube上にアップされています。「東北を、愛を取り戻したい」というメッセージが印象的です。

YouTube - 【東北復興支援協会】メッセージfrom武論尊


先着100名には武論尊さん直筆のサイン入りカードがプレゼントされます。Tシャツの予約はすでに始まっていて、おおよそ6月中旬まで受付予定、発売は2011年7月下旬~8月上旬を予定していると告知されています。

ちなみにこれがプレゼントされるカードの見本。


Tシャツの予約は下記ページから行うことができます。また、Tシャツの販売協力店も募集中とのことなので、販売スペースに心当たりのある人は協会HPから問い合わせてみてください。

PROJECT 6+(シックスプラス) PROJECT 6+


・関連記事
震災前後でツイート内容に大きな変化、東日本大震災におけるTwitterの利用状況 - GIGAZINE

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)にまつわる数字いろいろ - GIGAZINE

「ヱヴァ」「ハルヒ」「DRAGON BALL」「バガボンド」などのクリエイターが続々登場、東北地方太平洋沖地震の応援イラスト集 - GIGAZINE

「東北地方太平洋沖地震」の様子を撮影したムービーいろいろ - GIGAZINE

0

in 動画,   アニメ,   メモ, Posted by darkhorse_log