×
取材

宇宙世紀に進出すべくモビルスーツになったガチャピンとムック、美少女機動戦士ガンダームーンも登場


5月14日から一般公開が開始され、同時に一般のモデラーによる「モデラーズクラブ合同展示会」が開始された第50回静岡ホビーショー

全国のモデラーたちが集まり、それぞれの力作を公開していますが、富山サンダーバーズのブースでは、モビルスーツになった「ガチャピンとムック」「美少女機動戦士ガンダームーン」などが展示されていました。

詳細は以下から。第50回静岡ホビーショー

モビルスーツになったガチャピンとムック。


ガチャピンのベースは「MSM-04 アッガイ」。思ったより違和感がありません。


ムックのベースは「MSM-10 ゾック」。頭頂部の飾りも再現されています。


せっかく宇宙世紀に進出できるようにモビルスーツになったガチャピンとムックですが、ベースが水陸用モビルスーツのため、宇宙空間には進出できそうにありません。


ムックには5本指の手もついていてガチャピンよりも高性能ですぞ。


こちらは「ダブルオーライザー(ダブルオー+オーライザー)」のANAカラー版。「RX-78 ガンダム」もANAカラー版が登場しましたが、なぜかガンダムにはANAカラーがよく似合います。


そして「美少女機動戦士ガンダームーン」。


もともとセーラー服を着たデザインの「ノーベルガンダム」をベースに、髪型やカラーリングが変更され、5体のバリエーションが展開されています。


ガンダーヴィーナス


ガンダージュピター


ガンダームーン


ガンダーマーキュリー


ガンダーマーズ


ポーズにもこだわりが感じられます。


HGUCのアッガイをベースにした作品「お前の罪を数えろ」。元ネタはもちろん「仮面ライダーダブル」


ベルトも装着。


同じくアッガイをベースにした「機殖装甲アッガイバー」。元ネタは「強殖装甲ガイバー」


こちらは「HG 1/144 GPB-04B ベアッガイ」をベースにした「GPB-04R-1N(空間戦仕様検討試案)」。宇宙空間での戦闘に対応するためにスク水を着用。元ネタは「こどものじかん」の九重りん。


同じくベアッガイをベースにした「アナログマッガイ」。「ボクがいたこと、忘れないでね」とのコメントと、お腹に書かれた「アナログ」の手書き文字が涙を誘います。

・関連記事
「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングにガチャピンが初登場 - GIGAZINE

ガチャピン&ムックをモチーフにした本格的な低価格ミニノートパソコンが登場 - GIGAZINE

青いガチャピン&ムック「ブルーガチャムク」登場、UQ WiMAXの新CMキャラクターに - GIGAZINE

なぜか「ガチャピン」っぽいもの付きらしいマンション賃貸物件が登場 - GIGAZINE

in 取材,   アニメ, Posted by darkhorse_log