池袋テアトルダイヤが5月21日からクロージング上映、「空の境界」全章一挙上映などを実施


5月29日をもって映画館・池袋テアトルダイヤが閉館となります。

このため、テアトルダイヤでは5月21日から29日までクロージング上映を行うことを決定。その中で「空の境界」第一章から終章まで全作品(Remix含む)の一挙上映が行われることが明らかになりました。

この他にも劇場初公開となる「ブラック★ロックシューター」があったり、一部作品ではイベントがあったり、最後にお祭りのような上映が行われることになります。

詳細は以下から。
池袋テアトルダイヤ | テアトルシネマグループ

池袋テアトルダイヤは1956年オープンの映画館。2つのスクリーンに合計137席という小さな劇場で、今回、入居している池袋ビルが建て替えとなることから閉館が決定しました。

5月21日からのクロージング上映では、「ブラック★ロックシューター」が劇場初公開されるほか、「空の境界」を第一章から第七章、Remix、終章とすべてあわせて一挙上映、「センコロール」では入場特典としてステッカーをプレゼント。

このほか、イベント開催プログラムとして「イヴの時間 劇場版」「ライトノベルの楽しい書き方」「君へのメロディー」、イベントはありませんが「マルドゥック・スクランブル 圧縮」「REDLINE」「カラフル」「東のエデン 劇場版 I・II/総集編」「告白」「さんかく」「やぎの冒険」「キック・アス」「ゾンビランド」が上映されます。

最後ということで近年選りすぐりの作品が選ばれているので、機会のある人はぜひ足を運んでみて下さい。

なお、テアトルグループでは5月13日をもってシネ・リーブル博多駅も閉館することになり、今後は東京都7館、千葉県1館、埼玉県1館、大阪府2館、兵庫県1館の合計12館となります。

・関連記事
特典映像として終章が収録された「空の境界」BD-BOXレビュー - GIGAZINE

3月6日公開の映画「イヴの時間 劇場版」の吉浦康裕監督に作品や今後についてインタビューしてきた - GIGAZINE

「イヴの時間」に出てきた架空のコーヒー「イヴレンド」を実際に飲んでみました - GIGAZINE

岡村明美さんと桑島法子さんも登壇、「テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION テセアラ編」上映イベントレポート - GIGAZINE

「東のエデン」システム稼働開始、AR(拡張現実)技術を利用してキャラクターを画像認識しプロフィールを表示 - GIGAZINE

0

in 映画,  アニメ, Posted by logc_nt