×
モバイル

マイクロソフトがSkype買収を決定、XboxなどでSkypeが動作可能に


Skypeは2010年に1億7000万人のユーザー、さらに2070億分間以上の音声チャットおよびビデオ会話を成し遂げており、ついに先ほどマイクロソフトが85億ドル(約6859億円)で買収することが双方の重役会議で決定されました。

これによって何が今後起きるのかという詳細は以下から。
Microsoft to Acquire Skype: Combined companies will benefit consumers, businesses and increase market opportunity.


まずこの提携によってマイクロソフトは「Lync」という企業向けコミュニケーションプラットフォームにおいてSkypeを利用することが可能になります。

Microsoft Lync : いつでも、どこからでも、だれとでもつながるマイクロソフトのユニファイド コミュニケーション


次世代のユニファイド コミュニケーション プラットフォーム ― Microsoft Lync


XNEWS::マイクロソフトが企業向けコミュニケーションプラットフォームLync 2010を発表、Kinectも対応

ビデオKinectと連携することで「(オフィスの)会議室とリビングルーム」のコミュニケーションが実現。マイクロソフトのLync担当上級副社長 Gurdeep Singh Paul氏は「Lyncによって実現したのはリビングルームのシナリオと仕事のシナリオをつなげたことで、私はこれをお父さんと子供たちシナリオと呼びます」と語っています。

 現時点ではKinectはLyncに対応していないものの、今後アップデートが予定されています。

 なおKinectを利用したビデオチャット「ビデオ Kinect」ではすでにWindows Live Messenger ユーザーとのビデオチャットが実現しています。


このLyncはWindows Live MessengerやKinectとの連携も視野に入れており、すでにマイクロソフトの収益を30%も押し上げています。

最終的にはOutlook、Messenger、Hotmail、Xbox LIVEの間でそれぞれSkypeを使ったリアルタイム通信・リアルタイムの音声通話を実現させ、それぞれのコミュニティー、すなわちXboxとKinectの組み合わせによる通話、Windows Phoneによる通話、さまざまな種類のWindowsを搭載した各種デバイスによる通話をサポートしていくことになるそうです。

つまり、LyncとOutlookとXbox Liveそれぞれのユーザーコミュニティと、既存のSkypeのユーザーコミュニティが接続され、相互に利用可能になる、ということです。

もちろんこれによってSkypeがWindows専用になるというようなことはなく、非Windowsプラットフォームも引き続きサポートすると確約しています。


マイクロソフトCEOのスティーブ・バルマーによると「スカイプは世界中の何百万もの人々によって愛されている驚異的なサービスです」「人々が簡単に世界中のどこにいても家族、友達、仕事相手および同僚に接続したままでいられるように、私たちはリアルタイム通信の未来を作ります」としています。

さらにSkypeはマイクロソフト内のニュービジネス部門になり、現在のSkypeのCEOであるトニー・ベイツはマイクロソフト・スカイプ部門の社長の肩書きを得る予定だそうです。「マイクロソフトとスカイプは、ソフトウェア・イノベーションおよび製品を私たちの顧客に持って来るビジョンを共有します」とトニー・ベイツCEOは言っており、さらに「マイクロソフトとともに私たちはSkypeの国際的なコミュニティを拡張し、かつ誰とでも通信でき、コラボレートできる新しい方法を導入するスカイプのプランを加速することができるでしょう」とも言っています。

おそらくこの提携によってSkypeは念願であった法人部門への進出がより容易となり、収益化をさらに確立させることができるのではないかと思われます。というのも、マイクロソフトはOffice製品によって法人については実は非常に強いという一面があり、すでに確保している法人向けのさまざまなノウハウと製品とをSkypeと組み合わせていくことによって、自社製品のさらなる拡張が可能になり、Skype側にしてみれば今までの個人向けの利用から、法人向けの利用も視野に入れることが可能となる訳なので、確かに双方にとって利益は大きいと言えるはずです。


特にXboxでSkypeが動くようになるというのは大きなポイントであり、さらにスマートフォン分野では昔から存在していたにもかかわらず、AppleのiPhoneにぼこぼこにされ、さらにGoogleのAndroidでもみくちゃにされているマイクロソフトにとって、Windows PhoneとSkypeとを完全に統合して連携させるというのは非常に大きなメリットとなる可能性があります。また、Windows Live メッセンジャーとSkypeとが融合することによっても尋常ならざるほどの力を得ることは確実で、XboxでもスマートフォンでもWindowでもどこでもそのアカウントさえあれば通話が可能になるというのはなかなか強力であり、利用者にとっても個人法人関わらず、確かに魅力的です。


あるいは、ここに触れているようなマイクロソフト製品との各種統合以上の何かが実はまだ予定されているのかもしれず……

・関連記事
すぐに使える電話番号を5分以内にさくっと作る方法 - GIGAZINE

Skypeのビデオ通話を録画&編集するフリーソフト「VodBurner」を使って実際に通話を録画してみた - GIGAZINE

はるか昔からYouTubeやSkypeがあったらこういう風に宣伝していたであろうというビンテージ風イラスト - GIGAZINE

誓いのキス以外は滞りなく進行、Skypeを使って挙式したカップル - GIGAZINE

完全無料通話到来、KDDIがスマートフォン向け「Skype au」の利用料金や提供時期を正式発表 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by darkhorse