ミスタードーナツが早くも「涼風麺」を発売、今年は「冷しゃぶ豚野菜麺」と「氷冷おろし麺」の2種


ラーメン屋さんの「冷やし中華はじめました」といえば、日本の夏の風物詩とも言える告知ですが、ミスタードーナツが早くも今年の「涼風麺」の販売を開始しました。

今年は豚肩ロースとたっぷりの野菜を添えた「冷しゃぶ豚野菜麺」と、シャーベット状の大根おろしにオクラやゆずを隠し味にした「氷冷おろし麺」の2品。どちらも夏バテで食欲の落ちたころ欲しくなりそうなメニューですが、どんな味に仕上がっているのでしょうか。

今年のミスタードーナツ「涼風麺」2種の試食レビューは以下から。涼風麺|新商品|ミスタードーナツ

ミスタードーナツに到着。


今年の涼風麺2種。手前が「冷しゃぶ豚野菜麺」で、奥が「氷冷おろし麺」。


まずは「冷しゃぶ豚野菜麺」から。


ベビーコーン、ネギ、ニンジン、ゆでキャベツなどの野菜が、豚肩ロースの冷しゃぶと一緒に麺の上に乗っています。


ごまだれをつけていただきます。ごまだれは薄味で、酸味の中に淡い甘味が感じられ、さわやかな味わいです。豚肩ロースは小さめですが、豚の臭みはほとんど無く、食べやすい感じ。全体的にバランスの良い仕上がりとなっています。


次は「氷冷おろし麺」。上にドサッと乗っかっているのは、シャーベット状の大根おろし。ネギ、オクラ、ゆずの皮などが混じっています。手前側に盛られているのは鶏のささみ。


大根おろしシャーベットはシャリシャリとして面白い食感ですが、オクラのねばりが出ていて、好みが分かれるところでしょうか。つゆの甘味がやや強く、ゆずや大根おろしと合わせるならもう少し酸味が強くても良かったなという感じ。ささみはあっさりとしていながら、しっかりと肉の食感があるので、良いアクセントになってくれます。


まだそこまで気温が上がらない段階での試食となったため、氷冷おろしの真価が味わい切れなかった感があり、やはりどちらの麺も本来の力を発揮するのは夏の暑さが本格的に厳しくなってきたころと思われます。特に「冷しゃぶ豚野菜麺」は肉、野菜がたっぷり入っていながら、あっさりと食べられる麺に仕上がっているため、夏の食欲不振対策に期待できそうです。

・関連記事
60分待ちの大行列、本日開店のミスタードーナツ新業態店「蒸しどーなつ 和っ花」で店内限定メニューを食べてきました - GIGAZINE

6種の野菜を豆乳でじっくり煮込んだミスター飲茶「豆乳チャウダー麺」を食べてきました - GIGAZINE

じっくり煮込んだ鶏肉ともち米、サッパリとしたミスター飲茶「サムゲタン風麺」試食レビュー - GIGAZINE

4種類の麺類やもちもちのパオなど、ミスドの「ミスター飲茶」新商品試食レビュー - GIGAZINE

かけ麺・つけ麺・まぜ麺の3タイプが楽しめるミスタードーナツの「涼風麺」試食レビュー - GIGAZINE

ホットケーキの食感と素朴な甘み、ミスドの新商品「ホッとリング」全6種を食べてみました - GIGAZINE

0

in 試食, Posted by darkhorse_log