モバイル

東芝が超解像技術採用のAndroid 3.0タブレット「REGZA Tablet AT300」を発表、電子書籍ストアもオープン


東芝が本日、Android 3.0タブレット「REGZA Tablet AT300」を正式発表しました。

東芝独自の超解像技術「レゾリューションプラス」などを採用することで他社との差別化を図っているほか、無線のタッチリモコンとして液晶テレビ「REGZA」やBlu-rayレコーダー「REGZA Blu-ray」を直感的に操作することも可能。さらに電子書籍ストアもオープンしています。

詳細は以下から。
東芝:ニュースリリース (2011-04-20):「レグザタブレット AT300」の発売について

東芝のプレスリリースによると、同社は6月下旬に「REGZA Tablet AT300」を発売するそうです。価格はオープン。

「REGZA Tablet AT300」はグラフィック処理性能に優れたNVIDIAの「Tegra 2プロセッサ(1GHz)や広視野角タイプのWXGA(1280×800)10.1インチLED液晶ディスプレイ、16GBメモリ、200万画素前面カメラ、500万画素背面カメラ、IEEE802.11 b/g/nの無線LAN、Bluetooth、HDMI端子、USB2.0端子、ミニUSB端子、SDHCメモリカードスロットなどを搭載。

「REGZA Tablet AT300」本体。サイズは約177mm×273mm×15.8mmで重さは約765g。最大駆動時間は7時間を予定しています。


さらに「REGZA Appsコネクト」を採用することで、液晶テレビ「REGZA」やBlu-rayレコーダー「REGZA Blu-ray」を直感的に操作できるほか、液晶テレビ「REGZA」の映像技術を応用した、低解像度の映像を高精細にする高画質化技術「レゾリューションプラス」や、液晶ディスプレイの輝度や画面の色を周囲の環境に合わせて自動調整する「アダプティブ ディスプレイ」を搭載。

スピーカー音質の向上と騒音の中でも聞き取りやすい音質に変換する独自のソフトウェアや手軽に交換できるパック式バッテリー、筺体の背面に滑りにくいラバー素材を採用するなど、使い勝手を強く意識したモデルとなっています。

東芝:ニュースリリース (2011-04-20):電子書籍ストア「ブックプレイス(Book Place)」を開設

また、本日から東芝は「dynabook活用応援サイト 東芝プレイス(Toshiba Places)」内に電子書籍ストア「ブックプレイス(Book Place)」を開設。サービス開始時のコンテンツは2万冊以上ですが、今年度末には10万冊にまでコンテンツが増える見込み。

そして男性・女性の声の選択や読み上げスピードの調整ができる音声読み上げソフト「東芝スピーチ シンセシス」を利用することで、「REGZA Tablet AT300」で約6000冊の書籍コンテンツを音声で楽しむことができます。

BookPlace:ToshibaPlaces


昨年10月に開催された「CEATEC JAPAN 2010」において、すでに発売済みのヨーロッパ向けモデル「Folio 100」とは別に日本向けモデルを開発中であるとしていた東芝ですが、ようやく実を結ぶことになりそうです。

・関連記事
これが「Tegra 2プロセッサ」の実力、高画質でグリグリ動くゲームをプレイしてみた - GIGAZINE

東芝のAndroidノート「dynabook AZ」、販売価格が2万円近くにまで値下がり - GIGAZINE

東芝が映像事業とパソコン事業を統合、製品間の連携強化や開発速度の向上も - GIGAZINE

高性能なモバイル端末を実現する「Tegra 2プロセッサ」とは?NVIDIAが説明会を実施 - GIGAZINE

in モバイル,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log