ついに「PSP Go」が生産終了へ、公式サイトで「出荷完了」との告知


ソニーの「PSP Go」の生産が終了したことが明らかになりました。

本体価格を1万円値下げしたものの、販売台数が「PSP-3000」を圧倒的に下回るなど販売不振の目立った「PSP Go」ですが、2009年11月の発売から1年半足らずで、その歴史に幕を閉じることとなるようです。

「PSP Go」の生産終了について、PlayStation公式サイトで行われたアナウンスについては以下から。PSP「プレイステーションポータブル」ハードウェア | プレイステーション オフィシャルサイト

PlayStation公式サイトのPSPラインナップ一覧のページ。「PSP Go ピアノブラック」と「PSP Go パール・ホワイト」の各画像の右下スミに「出荷完了」の赤い文字が書き加えられています。


SCEに電話で問い合わせてみたところ、出荷完了は製品の生産が終了したことを意味しており、今後は市場に出回っている商品のみを販売するということでした。

ソフトについてはダウンロード版購入にのみ対応というきわめて珍しいコンセプトの機体でしたが、ソニー幹部が「PSP Goは製品のライフサイクル自体が成熟した時に消費者の動向を知るために投入したもので、我々は非常に多くのことを学んだ」と語ったこともあり、その反省は新型PSP「Next Generation Portable(NGP)」に生かされていくものと考えられます。

・関連記事
次世代PSP「NGP」で現行PSPのUMDソフトはどうなるのか、ソニーに直接聞いてみました - GIGAZINE

次世代PSP「NGP」は「適性価格」に、Wi-Fiモデルと3G+Wi-Fiモデルが展開される予定 - GIGAZINE

カプコンがNGP向けゲームや「モンハンP3」のダウンロード版を提供することを発表 - GIGAZINE

1万円の大幅値下げとなった「PSP go」がさらに値下がり - GIGAZINE

「PSP Go」の反省か、ソニーが「PS4」などでもゲームのダウンロード専売は避ける方針に - GIGAZINE

0

in ハードウェア,   ゲーム, Posted by darkhorse_log