ゲーム

「パックマン」「スペースインベーダー」など人気作60タイトルを収録した現代風テーブル筐体「Stealth」


80年代に流行したテーブル筐体(きょうたい)を現代風にリデザインし、最新のスピーカーシステムや高解像度の液晶画面などといったスペック面もアップデートした「Stealth(ステルス)」は、独特の存在感を放ちつつもその名のとおり違和感なく現代のインテリアに溶け込みそうなルックスのテーブル。

「スペースインベーダー」「パックマン」「ドンキーコング」「ゼビウス」「ギャラガ」などの人気タイトルが60作も内蔵されているので、コンセントをつなげばすぐにでも遊ぶことができ、自宅に居ながらにして懐かしいゲーム喫茶気分を楽しむことができそうです。

詳細は以下から。Arcade Tables

ドイツでデザインされたミニマルなボディに、信頼性の高い日本製の構成部品を使用しているそうです。


ジョイスティックとボタン4つのコントローラー部分。


光沢のあるグロス仕上げのボディカラーは「Supernova White(白)」と「Deep Space Obsidian(黒)」の2色展開。写真奥の赤いボディは試作品のようで、残念ながら発売されていないようです。


スペースインベーダー」「パックマン」「ギャラガ」「ゼビウス」「ドンキーコング」「ディグダグ」「ギャラクシアン」「フロッガー」「スクランブル」「アルカノイド」「QIX」「Mr. Do!」など、懐かしいアーケードゲームの人気作を網羅した60タイトルが収録されていて、レトロゲーム好きの人なら飽きることなく遊ぶことができそうです。来客にも喜ばれるのではないでしょうか。


価格は3299オーストラリアドル(税込み・送料別、約28万9000円)で、送料はかかるものの世界中に発送可能とのことです。

・関連記事
実際にゲームプレイ可能なスペースインベーダーの筐体型の貯金箱 - GIGAZINE

あの名作ゲーム「パックマン」がまさかの実写映画化……されたらこうなるという予告編ムービー登場 - GIGAZINE

パックマンそっくりな土星の月「ミマス」のサーマル・イメージ - GIGAZINE

誕生30周年を迎えたパックマンの新作は「PAC-MAN BATTLEROYALE(パックマンバトルロイヤル)」 - GIGAZINE

妄想力でゲームをする「妄想コントローラー」を全種類プレイしてみた - GIGAZINE

シューティングゲームの歴史を解説したドキュメンタリー風ムービー - GIGAZINE

1980年代のゲームがブラウザでできる「1980 games」 - GIGAZINE

ロックマンvsドンキーコング - GIGAZINE

in ゲーム,   デザイン, Posted by darkhorse_log