不眠で60時間耐久水泳に挑戦、鋼の肉体を持つビジネスマン

by ultraswimmer

泳ぐことに飽くなき執念を燃やしている鉄人・Jamie Patrickさんが、この夏にカリフォルニア州最長の川で60時間耐久水泳にチャレンジすることについて、その意欲を語っています。

彼は会社の経営者でもありながら数々のトライアスロン競技に挑戦していて、これまでにも地元の湖で40マイル(約64km)の距離を泳いで渡るなど、とにかく自分の体力の限界に挑戦し続けている猛者のようです。

限界知らずのPatrickさんの挑戦内容は以下から。S.F Businessman to Swim for 60 Hours Nonstop -- for No Reason - San Francisco News - The Snitch

サンフランシスコでPatrick & Co.という会社を経営しているJamie Patrickさんは、ビジネスマンでありながら、プロのスポーツ選手も顔負けの鋼の肉体を持っています。

彼は水泳を得意としていて、2011年8月18日から、カリフォルニア州最長の河川であるサクラメント川で、240マイル(約386km)の距離をノンストップで泳ぎ続けることを計画しています。所要時間はおよそ60時間ほどと見積もられていて、その挑戦の間、Patrickさんは立ち泳ぎしながら食事を取る以外は睡眠も取らず、不休で泳ぎ続けるそうです。

ギネス記録の最長連続水泳時間は50時間とのことなので、もしPatrickさんがこの挑戦に成功したら、ギネス記録の更新も可能となるかもしれません。挑戦の開始時刻は早朝3時。夏場とはいえ冷たい川に身を浸し続けることになるので、Patrickさんにとってかなり過酷な挑戦になりそうです。

Patrickさんは「このチャレンジはすごく困難なものになるでしょう……だからこそやりがいがあります。私は、これまで誰もなし得なかったことに挑戦してみたいんです」と語り、はたから見れば無謀な挑戦になみなみならぬ意欲を見せています。

もちろんPatrickさんはただの向こう見ずではなく、これまでも100回以上トライアスロンに挑戦し、河川での長距離水泳をクリアしてきた実績があります。最近の例を挙げると、2010年には44マイルの距離があるタホー湖の横断に成功しています。

タホー湖で泳いでいる様子をとらえた1枚。

by ultraswimmer

タホー湖での挑戦の様子は下記リンクに詳しいです。

Jamie Patrick Swim Tracker: Record Swim Complete - Exclusive Finish Video | Tahoetopia



この夏に予定しているサクラメント川の挑戦もかなり過酷なものですが、Patrickさんはここで終わるつもりはないようで、ドーバー海峡をはじめとした世界7大海峡を巡り、制覇することも考えているそうです。

Patrickさんの活動を紹介する公式サイトもあり、ブログで近況を更新し続けています。ついつい運動不足になりがちなサラリーマン生活ですが、彼のやる気に満ちあふれた活動を見ていると、自分も運動してみようという気になるかもしれません。

Jamie Patrick - Ultraswimmer


・関連記事
子ども用のビニールプールに飛び込む「スワンダイブ」に挑戦する男性、自身の保持するギネス記録を更新 - GIGAZINE

オリンピックにも出た女子水泳選手、地中海競技大会で水着が破れて退場させられる - GIGAZINE

園児たちが水遊びで大はしゃぎする須磨海水浴場海開きムービー&フォトてんこ盛り - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log