「ゼーレ、チョコクランチの座」など、富士急「EVANGELION:WORLD」のエヴァンゲリオンストアのお土産試食レビュー


「第二次計画」によって等身大のマリ実物大の2号機ネルフ本部の通路などが追加された富士急の「EVANGELION:WORLD」ですが、その締めくくりにはエヴァグッズ満載のエヴァンゲリオンストアがありました。

以前、箱根町で売っていた「第3新東京市土産」を買ってきましたが、富士急のエヴァンゲリオンストアではこれらに加えて富士急オリジナルのお土産など、箱根では手に入らなかったものが売っていたので、まとめて買ってきました。

詳細は以下から。富士急ハイランド|エヴァンゲリオン 実物大初号機建造計画

「EVANGELION:WORLD」の出口は、そのままエヴァンゲリオンストアの入り口になっていました。


中にはエヴァ関連のグッズやお土産がこれでもかというくらい集まっています。


中には富士急限定のグッズなど、ここでしか買えないアイテムもあります。


今回購入したお土産用のお菓子以外にも、Tシャツや文具、フィギュアなど様々なグッズが取りそろえられています。これは大型バスタオル。


ストアの出口には「EVANGELION:WORLD」を訪れた著名人のサインが飾ってあります。


エヴァファンのお笑い芸人、桜 稲垣早希さんのサイン。


ロックバンド、フジファブリックのサイン。


オリエンタルラジオの中田敦彦さんのサイン。


PUFFYのサイン。


これが今回買ってきたお土産一式。


新劇場版のシーンを元にしたエヴァンゲリオンチロルチョコケース。ケースは9種類。


裏はこんな感じ。3種類のチロルチョコが入っています。


中にはチロルチョコが9粒。


マリの登場シーン。


そして立ち去るシーン。


アスカの「あんた、バカぁ?」。


使徒にとどめの一撃を加えるアスカ。


レイの「ポカポカして欲しいと、思う」。


シンジにお弁当をもらって「ありがとう」と言ったレイが、家に帰って思い返してつぶやくセリフ。テレビ版にも同じセリフがありますが、劇場版では演出が変わっています。


「新劇場版 破」のラストシーン、カヲル君の「さあ、約束のときだ」


ミサトさんがシンジに向かって言うセリフ「みんなの期待に応えて、私達を救ったのよ。もっと自信持ちなさい。きっとお父さんもシンジ君を認めてくれてるわよ」。


シンジの「A.T.フィールド、全開!!」。


中に入っていたチロルチョコはこれで全部。


レイ4種


アスカ2種


マリ4種


シンジ5種


カヲル3種


ミサト3種


加持、リツコ、ゲンドウ&冬月、各一種。


初号機4種、2号機2種、零号機1種、仮設5号機1種。


使徒など。


警告メッセージと各種セリフ。なぜか今回は「このことは他言無用で」が4つも重複してしまいました。これ以外にも違うバージョンがあるかも知れません。


中のチロルチョコも食べてみました。これは「いちごゼリー」。


中にいちごゼリーが入っています。ゼリーという名前ですが、グミっぽい歯応えでさっぱりした甘さになっており、なかなか良い感じです。


「アーモンド」。


中にはアーモンドの粒がまるまる一個入っていました。


「カステラ」


カステラというよりも濃厚なカスタードプリンのような味。甘味の強いチョコが好きな人にはオススメできるかも知れません。


これは富士急オリジナルの「シンジ、来Q」。


裏側はこんな感じ。


中身はスティックチーズケーキです。


側面にメッセージが書かれています。


「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。……僕が、乗ります」。絶叫マシンに乗るにも勇気が要るものです。


箱を開けると、中には個別包装されたケーキが入っています。


個別包装は初号機のデザイン。


これが中のスティックチーズケーキ。ふわっとしてほんのり甘く、食べやすいお菓子ですが、ちょっとのどが乾きます。


これも富士急限定、「ネルフ謹製 霊峰 富士山」。


こちらは初号機バージョン。


裏側はこんな感じ。


富士山についての説明があります。


初号機のカットが配置されています。


富士急ハイランドのロゴとGAINAXの版権許諾証。


中身は白あんのおまんじゅうです。


ふたを開けたところ。


初号機のステッカーが入っていました。


「開封後は3日以内にお召し上がりください」の注意書きもエヴァ風。


一個ずつ個別包装されています。


これが霊峰富士山の中身。


半分に切ったところ。食べてみると、白あんは甘さが控えめでしつこくなく、あっさりとした味わい。


個別包装のパッケージは広げるとこんな感じ。


こちらは2号機バージョン。


裏側のデザインもちょっと変わっています。


こちらは2号機のカットを配置。


2号機バージョンは苺あんです。


ふたを開けたところ。


ビーストモードの2号機ステッカーが入っています。


注意書きも色調が変わっています。


もちろん個別包装のデザインも2号機になっています。


初号機バージョンよりも外見が丸っこく柔らかい雰囲気になっている感じ。


中には苺あんが入っています。甘酸っぱい香りがほんのりとして、さわやかな味わい。


個別包装のパッケージを広げたところ。


これも富士急限定「エヴァせん サラダ味」。


裏側はこんな感じ。1袋12枚入りです。


袋を開けると、一枚ずつビニール袋に入ったせんべいが出てきました。


せんべいのデザインは2種類で、こちらはネルフマーク風の焼き印。


こちらは「EVANGELION:WORLD」のロゴ。


これも富士急限定「ゼーレ、チョコクランチの座」。


原作のセリフをもじったメッセージが書かれています。「さあ、チョコクランチを食べるのだ」。


「飲み物の準備も怠りなく頼むぞ」


「カロリーは許容範囲だ、問題ない」


「死海文書に定められたおやつだ」


「腹が減っては人類は補完できぬ」


「チョコクランチのままに」


「この美味さ、富士Q支部の成果という事か」


「碇に食われてはならぬ」


ふたには穴が開いていて、食べた後は貯金箱にもなります。


原材料表示。このチョコクランチはコーングリッツが主体になっているようです。


個別包装はゼーレのマーク。


これがチョコクランチ本体。ほんのりコーンの香ばしさが感じられます。


これも富士急限定、「オリジナルパン缶」。


第3新東京市の指定食品になっています。


箱を開けると中には6種類のパン缶が入っていました。


エヴァのパイロット5人がデザインされています。


アスカバージョン。


それぞれのキャラクターの背景には富士急のアトラクションが描かれています。アスカの背景は観覧車。


中身はいちご味です。


ふたはプルタブ型で缶切りなどは不要です。


薄紙に包まれたパンを引き出します。


これがいちご味のパン。


ストロベリーペーストが練り込まれており、さわやかな酸味とほどよい甘味が良いバランス。缶から出したばかりだとちょっとにおいが強いですが、ちょっと時間を置くと香りが安定して普通のパンとほとんど変わらない感じになります。


レイバージョン。


レイの背景は「FUJIYAMA」。


味はミルクです。


これが中のミルクパン。


ミルクのほかにレモン果汁が入っており、やや酸味があります。ちょっと不思議な味わいですが、あっさりとして甘さ控えめなので、食べやすい感じ。


シンジバージョン。


シンジの背景は「EVANGELION:WORLD」。


シンジははちみつレモン味。


これがはちみつレモンパン。


ミルクパンに近い印象ですが、よりレモンの風味が強くなっています。ちょっと好みが分かれそうな味わい。


カヲルバージョン。


カヲル君の背景は「ええじゃないか」。


カヲル君はチョコ味です。


チョコパンはチョコが練り込まれてマーブルな感じ。


チョコパンにもレモンが入っており、酸味がありますが、オーソドックスなチョコパンの味を外しておらず、安心できるクオリティ。


マリバージョン。


マリの背景は「鉄骨番長」。


マリはレーズン味。


レーズンパンですが、レーズンがそのまま入っているわけではなく、ゼリー状のレーズンエキスと八朔の皮やサクランボなどをミックスしたペーストが練り込まれています。


柑橘系の香りとレーズンの甘味がほどよく調和して、意外にも成功している感じ。レーズンが嫌いな人でもこれなら食べられるかもしれません。


全員集合バージョン。背景は富士急から見た富士山。


味はオレンジです。


これがオレンジパン。


オレンジとみかんが混ざって入っているようで、しっかりとした甘味があります。これもさっぱりとしていて、マーマレードほどしつこくなく、食べやすい感じ。


これはUCCの缶コーヒー、エヴァンゲリオン缶の富士急限定バージョン。


裏側には「EVANGELION:WORLD」のロゴが。


250ml缶の6本1パックです。


最初の一本はマリ。


次はシンジ。実は隣もシンジです。


カヲル君は3本入っていました。


重複するのは仕方がないとしても、この仕打ちはひどすぎるのでは……。


裏側はこんな感じ。


裏側下部には富士急のアトラクションが紹介されています。

・関連記事
富士急ハイランドに姿を現した「ザ・ビースト」モードのエヴァ2号機

実物大エヴァ初号機が登場する富士急ハイランド、公開初日に朝一で行ってみた【エントランス編】 - GIGAZINE

「ヱヴァンゲリヲン×箱根町」聖地巡礼の旅全記録まとめ - GIGAZINE

店の外も中もヱヴァだらけ、箱根のローソンがヱヴァンゲリヲン仕様の「第3新東京市店」になって登場 - GIGAZINE

シンジが初めてエヴァと出会ったあの場面を再現、富士急ハイランドの「実物大初号機」迫力のフォトレポート - GIGAZINE

ヱヴァンゲリヲン総まとめ  ワンフェス2011[冬]~キャラクター編~ - GIGAZINE

開始5分足らずで当日券が完売した「EVANGELION:WORLD-実物大初号機建造計画-」の「エントリープラグ搭乗体験」レポート - GIGAZINE

ヱヴァンゲリヲン総まとめ  ワンフェス2011[冬]~キャラクター編~ - GIGAZINE

エヴァプラモデル史上初の色付きクリア、初号機の富士急限定モデルレビュー - GIGAZINE

0

in 取材,  試食,  アニメ, Posted by darkhorse_log