Twitterを利用して緊急地震情報通知を可能にするフリーソフト「つくるウェブ EarthquakeNotifier」


TwitterのStreamAPIを使って、緊急地震速報に関する情報を取得するとポップアップ表示するという非常にシンプルで有用なWindows用のフリーソフトがこの「つくるウェブ EarthquakeNotifier」です。

作者の方によると「弊社のテストの結果、ほぼリアルタイムに地震情報を取得することができることを確認いたしました。実際に、弊社においても本ソフトウェアの通知を基に、地震の避難準備をしています」とのことで、実際に実験してみたところ、先ほどの静岡県東部を震源とする震度6強の地震の際にちゃんと動作しました。

ダウンロードと使い方は以下から。
つくるウェブ EarthquakeNotifier プロジェクト日本語トップページ - SourceForge.JP
http://sourceforge.jp/projects/eqnotifier/

上記ページからダウンロードした本体はインストール不要でそのまま起動可能です


TwitterのStreamAPIを使う必要性から、TwitterのIDをまずは入力して「了解」をクリック


次にパスワードを入力し、「了解」をクリック


するとタスクトレイにこのようにして常駐します


緊急地震速報が行われるとこのようにしてポップアップして教えてくれます

・関連記事
月の地震はマグニチュード5レベルがなんと10分間も続く - GIGAZINE

緊急地震速報をパソコンに表示する「The Last 10-Second」で訓練してみた - GIGAZINE

地震を感知して揺れる前に逃げ出す犬のムービー - GIGAZINE

ゲーム中の画面に現実の緊急速報を表示するシステムが検討中 - GIGAZINE

緊急警報放送の音とはどんなものなのか? - GIGAZINE

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse