ニュージーランド地震で病院に侵入しようとしたとして日本人ジャーナリストら逮捕

by martinluff

ニュージーランド地元メディアの「TVNZ」、「The National Business Review」などの報道によると、日本時間2月22日朝にクライストチャーチで起きた地震について取材を行っていた日本のジャーナリスト2名が当局に逮捕されたそうです。

警察がメディアの立ち入りを規制していたにもかかわらず、このジャーナリストらは被災者への取材のため、許可なく病院に侵入しようとしていたそうです。

詳細は以下から。
Live updates: Christchurch quake - day three | NATIONAL News

現地メディアTVNZは可能な限りリアルタイムで地震が起きてからの状況を伝えていますが、地震発生から3日目の現地時間24日午前10時前に、カンタベリー地区健康委員会から「昨晩(23日夜)、治療中の患者にインタビューしようとしたジャーナリストが複数逮捕され、その多くは日本人だった」ということを報じました。

このニュースは他メディアのタイムラインや記事でも報じられています。

Christchurch quake: Chapel hopes dashed - 3News.co.nz - Mobile

The National Business ReviewとNZ Herald Newsはそのニュースをさらに詳細に報じています。この記事によると、逮捕された日本人ジャーナリストは2名で、地震の被災者を取材するため病院に侵入しようとしたために逮捕され、拘留されているそうです。警察は被災地であるクライストチャーチの商業地区などに非常線を張っており、もしもメディアが許可なく侵入したときには逮捕する旨が伝えられていたとのこと。メディアと警察の間では、それぞれの仕事を行うにあたってフラストレーションが溜まっていたとも報じられています。

Christchurch quake: Two Japanese journalists arrested | The National Business Review

Christchurch earthquake: Two journalists arrested - National - NZ Herald News

具体的に報道されたのは「日本人ジャーナリスト2名」とのことですが、先の情報からすると他にも多くのジャーナリストが逮捕されているようで、当局の苦労がしのばれます。

追記:
在ニュージーランド大使館の阿藤隆司一等書記官はNBRの取材に対して、「(逮捕のニュースを聞き)大変驚いています」「ジャーナリストが規制区域のことを知っていたのかどうか、ちょっとわかりません」と答えています。なお、ジャーナリストの身元については、ウェリントンの警察には情報がなく、クライストチャーチの警察はコメントを取れる状態ではないため、まだ不明だとのこと。

・関連記事
自分の家が大地震にあった場合の被害などをチェックできる「あなたの街の地震危険度MAP」 - GIGAZINE

緊急地震速報をパソコンに表示する「The Last 10-Second」で訓練してみた - GIGAZINE

世界中の地震をリアルタイムに地図表示する「IRIS Seismic Monitor」 - GIGAZINE

マグニチュード7.0の大地震に襲われたハイチ、生と死の様子を伝える写真いろいろ - GIGAZINE

地震を感知して揺れる前に逃げ出す犬のムービー - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by logc_nt