ムービー

「Let’s 飲みにケーション」でおなじみの「やぐら茶屋」、最後の一店が閉店


やたらとハイテンションな「ワイワイドリンキーング!やぐら茶屋♪ウッキウッキトーキーング!やぐら茶屋♪」という曲と共に「Let's 飲みにケーション」というキャッチコピーが登場するテレビCMで多くの関西人に強烈なインパクトを与えた居酒屋チェーン店「やぐら茶屋」の最後の一店が閉店したことが明らかになりました。

大和実業グループ(現:ダイワエクシード)が運営する日本初のオンラインボトルキープシステム居酒屋の先駆けとしても知られる同チェーンですが、35年の歴史に幕を下ろしたことになります。

詳細は以下から。
ぐるなび - やぐら茶屋 ギャザ阪急店


「やぐら茶屋」の最後の一店となった「ギャザ阪急店」がぐるなびに開設している店舗情報ページによると、2月15日から3月上旬までの間、改装を行い、新たに同じダイワエクシードが経営する「個室居酒屋 権之介」としてリニューアルオープンするそうです。

これにより2月14日に「やぐら茶屋」は全ての店舗が閉店したことになります。なお、経営元のダイワエクシードは「個室居酒屋 権之介」以外にもさまざまな居酒屋チェーン店を経営している外食産業企業です。

ちなみに「やぐら茶屋」のCMはこんな感じ。関西在住の人であれば深夜帯のテレビCMなどで一度は目にしたことがある人が多いのではないでしょうか。

YouTube - やぐら茶屋CM

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
30年以上の歴史を誇る夏の風物詩「チューペット」が生産終了 - GIGAZINE

「ムトウハップ(六一〇ハップ)」を生産していた武藤鉦製薬が業務終了へ、すでに工場は操業停止 - GIGAZINE

格安パソコンなどで有名だった「SOTEC(ソーテック)」ブランドが消滅へ - GIGAZINE

シャープが誇る液晶テレビのブランド「亀山モデル」が消滅へ - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.