わずか17キロバイトしかないフリーのFLV再生専用プレイヤーソフト「FLV Player nano」


インストール不要で軽快に動作し、しかも起動に必要なのはこの本体の1ファイルのみ、しかしながら画面の回転やフルスクリーン再生、FLV形式のファイルをクリックすれば自動的に起動するように関連づけする機能などを備えているのがこの「FLV Player nano」です。Windows 2000/XP/Vista/7で動作します。

その名の通り、Flash形式の動画ファイルで「.flv」という拡張子になっているFLV形式のムービーファイルの再生に特化しており、ドラッグ&ドロップによる再生やフルスクリーン再生時のスクリーンセーバー起動自動抑止、マウスホイールによるウインドウサイズの変更、好きな場所にすぐに移動できるシークバーなど、割と優秀な機能も備えています。

ダウンロードと使い方は以下から。
FLV Player for Windows - World's smallest (17kb) - Free Download
http://www.flv-player-nano.com/nano/

上記サイトからダウンロードのリンクをクリックして本体ファイルをダウンロードします


これがダウンロード直後の本体ファイル。これだけで起動します。適当なフォルダに置いておけばOKで、USBメモリなどでも問題ありません。


起動するとこんな感じ


ファイルを開くにはこのウインドウにFLV形式のファイルをドラッグ&ドロップするか、「File」から「Open」を選んでファイルを選ぶだけ。


拡張子が「.flv」のファイルをダブルクリックするなどした際に自動的にこの「FLV Player nano」で開きたい場合には「Set as default FLV Player」をクリックすれば関連づけが一発で可能です。


関連づけするとこんな感じになります。


今回は「キモイ顔の貯金箱「FACE BANK」動作ムービー」で試してみることに。ダブルクリックするとこんな感じで起動。


「View」から「Rotate」を選び、「Left」か「Right」を選べば、回転してくれます。


こんな感じ。


また、「Repeat」を選べば、最後まで再生が終わるとまた最初に自動的に戻って再生してくれます。いわゆるリピート再生。


「Volume」からは音量のアップとダウン、さらに音量をゼロにするミュートも可能。


「Fullscreen」を選べば、全画面で再生されます


さらに再生画面上で右クリックして「Hide Top Menu and Window Caption」を選べば、ウインドウの枠だけになってさらにコンパクトな見た目に。


こんな感じ。かなりすっきりぽんです。


また、再生画面の下部にマウスを移動させると自動的にシークバーが出てくるので、好きな箇所へ一発で移動可能です。

・関連記事
YouTubeなどの動画サイトからムービーをダウンロードしてさらにAVIなどへの変換もできるフリーソフト「Freemake Video Downloader」 - GIGAZINE

YouTubeなどでムービー再生のCPU負荷を軽くできるフリーソフト「DivX HiQ」 - GIGAZINE

YouTube、YourFileHost、MegaVideo、Youkuなど様々な動画共有サイトからムービーをダウンロードできる「ClipNabber」 - GIGAZINE

YouTubeを劣化なしで各種形式にオンライン変換する「FLV Online Converter」 - GIGAZINE

無料であらゆるムービーファイルを一発でまとめてH.264形式に変換できる「DivX Plus Converter」の使い方 - GIGAZINE

Blu-rayからリッピングしたM2TSファイルなどを簡単に字幕付きXviD/DivX/X264/ファイルなどに変換するフリーソフト「HDConvertToX」 - GIGAZINE

0

in レビュー,  ソフトウェア, Posted by darkhorse