モバイル

ソニーが「Xperia PLAY」を正式発表、その全容がようやく明らかに


ソニーグループの携帯電話メーカー、ソニー・エリクソンが開発していた、PSPと携帯電話を合体させた新たな携帯電話「Xperia PLAY」の全容がついに明らかになりました。

1月27日に行われた次世代携帯ゲーム機「NGP」の発表会「PlayStation Meeting 2011」で合わせて発表された「PlayStation Suite」を正式にサポートした、世界初の「PlayStation certified」認定スマートフォンで、3Dゲームを快適にプレイすることが可能なほか、気になる通信方式も明らかになっています。

詳細は以下から。
Introducing Xperia PLAY the world’s first PlayStation certified smartphone | Sony Ericsson

(PDFファイル)Xperia Play

ソニー・エリクソンのプレスリリースによると、同社は2011年3月からAndroid2.3スマートフォン「Xperia PLAY」を世界各国に向けて発売するそうです。

「Xperia PLAY」は4インチのフルワイドVGA(480×854)マルチタッチ液晶にオートフォーカス対応510万画素カメラ、microSDカードスロット、DLNAをサポートしたIEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 2.1+EDRなどを搭載。

これが「Xperia PLAY」。閉じると普通のスマートフォンに見えます。


左側面。microUSBポートを搭載


右側面にはLボタンとRボタンを搭載


開いたところ。十字キーと△□×○ボタン、タッチパッドなどを搭載しており、マルチタッチ対応スクリーンと合わせて入力系が充実している印象です。


一般的な3.5mmイヤホンジャックを搭載しているため、好きなイヤホンを利用できます。


イヤホンジャックは本体左側(展開時は下部)にあります。


プレイスタイルはこんな感じ。


GPUに「Adreno 205」を採用した1GHzの第2世代Snapdragonプロセッサ(MSM8x55シリーズ)を最適化することで、消費電力を最小限に抑えつつ60fpsで3D(立体視ではない)ゲームをプレイ可能です。


CDMA2000およびW-CDMAのネットワークに対応したモデルが両方リリースされる予定となっています。


なお、「PlayStation Suite」対応スマートフォンは「Android Marketplace」で初代プレイステーション向けタイトルなどを購入可能であるほか、海外のゲームスタジオ「エレクトロニック・アーツ」が「FIFA 10」「Need For Speed」「Sims」といったタイトルを提供する予定となっています。

・関連記事
次世代PSP「NGP」で現行PSPのUMDソフトはどうなるのか、ソニーに直接聞いてみました - GIGAZINE

次世代PSP「NGP」は「適性価格」に、Wi-Fiモデルと3G+Wi-Fiモデルが展開される予定 - GIGAZINE

満を持して登場した次世代PSP「NGP」を超速攻フォトレビュー - GIGAZINE

PS3ソフトの移植も可能、次世代PSP「NGP」の実力が分かるデモムービーいろいろ - GIGAZINE

ソニーが新型PSP「Next Generation Portable(NGP)」を正式発表、超ハイスペックで新メディア採用 - GIGAZINE

メタルギアの小島監督、PS3とNGPをつなぐ「夢のプロジェクト」を制作中 - GIGAZINE

in モバイル,   ゲーム, Posted by darkhorse_log