ハードウェア

3TBのHDD、発売3ヶ月弱で半額近くにまで値下がり


昨年11月中旬に発売されたものの、お世辞にも安価であるとはいえない値段となっていた3TBのHDDが発売3ヶ月弱で半額近くにまで値下がりしたことが明らかになりました。

2TBモデルが6000円台に突入していることを考えると、まだまだ安くはありませんが、値下がりするスピードに驚かされます。

詳細は以下から。
価格.com - WESTERN DIGITAL WD30EZRSDTL [3TB SATA300] 価格比較

大手価格情報サイト「価格.com」によると、2010年11月に2万7800円で予約受付されていたWestern Digital製の3TBモデルHDD「WD30EZRSDTL」が2011年2月5日2時現在、約46%ほど値下がりした1万4980円で販売されています。

過去3ヶ月間の価格変動グラフはこんな感じ。1月下旬になってようやく2万円弱から一気に1万5000円近くまで値下がりしています。


ちなみに2TB以上の記録媒体を扱う場合、多くのパソコンで互換性の問題が発生するため、購入を検討しているのであれば、後悔しないためにも対応状況のチェックが非常に重要です。

・関連記事
2TBのHDD、ついに6000円台に突入 - GIGAZINE

エコポイント半減で乱高下した液晶テレビの販売価格、年が明けてさらに大幅値下がり - GIGAZINE

Appleが公式サイトでiPadを「期間限定特別価格」として格安販売開始 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log