浮気されても「相手が女なら許す」という男性が多い


テキサス大学の研究により、パートナー(女性)に浮気されても浮気相手が女性の場合には許す(交際を続ける)という男性は、浮気相手が男性の場合と比べ2倍以上多いことが明らかになっています。女性の場合はその逆で、男性同士で浮気された時の方が許さない(別れる)女性が多いそうです。

これには「女性と浮気されても子どもができることはないが、男性と浮気されたら子どもの父親がわからなくなる」という生物学的な理由が背景にあると考えられるとのこと。

詳細は以下から。Men more likely to forgive cheating partner's lesbian fling, study finds - Telegraph

テキサス大学で進化心理学の博士課程に在籍するJaime Conferさんらは、700名の大学生の男女を対象とした調査で、男性は女性同士の浮気に寛容であり、女性は男性同士の浮気に厳しいことを明らかにしました。論文はPersonality and Individual Differences誌に掲載されています。

被験者が「3カ月間交際している相手の浮気にどう反応するか」を、交際相手が1人と浮気した場合や複数人と浮気した場合、1回の浮気や複数回におよぶ浮気など、さまざまな状況を想定してもらったというこの聞き取り調査では、浮気相手の人数や浮気の回数にかかわらず、浮気相手の性別により「許す」被験者と「許さない」被験者の割合に大きな差が出ることが明らかになりました。

男性の被験者では、浮気相手が女性の場合には50%が交際を続けるのに対し、浮気相手が男性の場合には交際を続けるという被験者は22%だったとのこと。一方女性の被験者では、交際相手が女性と浮気した場合には28%が交際を続けるのに対し、浮気相手が男性の場合も交際を続ける被験者は21%だったそうです。

研究者によるとこの発見は、男性は「子どもの実父が不確かになる」ような浮気により動揺するとともに、パートナーとほかの女性との関係を「複数の女性と同時に配偶する機会」ととらえている可能性もあると示唆するそうです。また、女性にとってはパートナーの男性との浮気は「現在の関係に満足していないことのあらわれ」であり「放棄される前触れ」だととらえられると考えられるとのこと。

一般的に男性の方が女性と比べ同性愛に否定的な場合が多く、女性の方が同性カップルの市民権の支持者が多いことを考えると、さらに興味深い結果だとConferさんは語っています。

・関連記事
男性は体の浮気に、女性は心の浮気によりジェラシーを感じる理由 - GIGAZINE

浮気を告白したほうがいい10の理由、しないほうがいい10の理由 - GIGAZINE

ものすごく効果がありそうな浮気の罰 - GIGAZINE

浮気を隠すのではなく、あえて浮気したように見せるグッズ - GIGAZINE

ポルノ映像で妻と友人が浮気していたことを知り激怒した男性が友人を刺す - GIGAZINE

彼氏が親友と浮気して激怒した女性のとんでもない仕返し - GIGAZINE

2年間付き合っていた彼女が元男性だったことを知って殺害 - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by darkhorse_log